会社の生産性をあげる6つのルール - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
星 和美
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社の生産性をあげる6つのルール

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

「なぜ会社と社員の生産性が落ちているのか?」という問いから始まる話を、コンサルティング会社のモリューさんという人がしています。6つのシンプルルール

彼はその中で「今までの二つの柱はもう古い!」と言っています。その柱とは、

組織、プロセス、システム ⇒ ハード
感情、心情、人間関係 ⇒ ソフト


いくら会社のきまりごとや、型をつくってみても、複雑になるだけで、そんなに役に立たないよー、と。

親睦会とかパーティーをやっても、効率はあがらないよー、と。

そして、もっと全体が生産的になるためには『6つのシンプルなルール』があるのよ~という話をしています。

で、その6つのルールとは?

簡単に言い替えるとこういうことです。

・仲間がしている仕事を理解する
・階層やルールをなくして、まとめ役を置く
・自由な裁量権を認める
・今の仕事が未来の自分の仕事につながっていると考えてみる
・お互いの関係を深める
・協力している社員を褒める

仲間の手助けをしたり、協力をしないといけない。失敗はしてもいい、自分の弱みや先見をさらけ出すことが、最大の利益になるはずとも言っています。

自分の弱みをさらけだす…。(←これ結構人によってはハードル高い)

会社で強い人を演じて、それがストレスになっている人も多いので、vulnerability(脆弱性)を隠さない経営者(ダイソーの社長みたいな人)がもっと出てきたら、働く側がもっと楽になれるんじゃないかと思います。





 |  コラム一覧 |