頭の中に表を描けるかどうか。。。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

頭の中に表を描けるかどうか。。。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

最近、システム開発の現場で、いろいろな説明資料を作っているのですが、をー、この人の資料はわかりやすい、この人の資料はわかりにくい、と感じる場面がたくさんあります。

極端な例だと、パワポで資料を作ることになったら、画像集をください、という人もいたりします。

をー。
目的がさっぱり理解できていない例です。

伝わる資料か、伝わらない資料か。
その分かれ目は、ロジックです。
しかも、相手のロジックを理解しているか、というのがより重要です。
自分のロジックを展開しても伝わりません。

相手のロジックに合わせて展開する。
相手に納得、理解してもらうことが目的なら、当然の発想です。

でも、そうならない人もいるんですよね。
なんで、ぼくの説明がわかってくれないんだろう。

アタマ悪いんちゃうん?的な。。。

でも、逆です。
相手に理解してもらえないのは、自分の説明が悪いから。

そう考えられるようになると、ラクになります。
相手にフォーカスするのではなくて、自分にフォーカスするからです。

また、書きます。
 |  コラム一覧 |