◆リフォームはどこでする? その2 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石田 美弥子
(インテリアコーディネーター)
氏家 香澄
(インテリアデザイナー)

閲覧数順 2017年03月01日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◆リフォームはどこでする? その2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般



インテリアコンサルタントの石井純子です。

ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!



リフォーム業者さんに限らず、新築がメインのハウスメーカーや工務店でも、最近よく聞くキーワードが、これ。



「ライフスタイル提案」




つまり、【もの】ではなく、住まい方、暮らし方を提案するということ。



今の時代、日本では、ほとんどの人は生活に必要なものを既に持っています。


ですから、持っていないものを買うのではなく、より豊かになるための住まい方、暮らし方を提案していこう、ということです。




・キッチンの脇にミセスコーナーがあるので、家事の合間に家計簿を付けたり、PCでメールチェックができますよ。


・リビングの吹き抜けから、2階のファミリーコーナーが見えるので、家族がお互いに気配を感じながら過ごせますよ。


・リビングから続くテラスは、もう一つのリビングとして、休日はバーベキューも楽しめますよ。


・広いウォークインクローゼットは、壁にミラーもついているので、毎朝のコーディネートも楽しめますよ。


・ダイニングには子どもが勉強できるスタディコーナーがあるので、ママが料理をしているそばで宿題を進められますよ。




何だか、これからの暮らしがワクワクしてくる、夢のようなセリフです。






ですが…、


もしかするとその夢を壊してしまうかもしれませんが…、



住まい方、暮らし方って、そもそも他人に提案されてその通りになるものでもありません。


ヒントは得られるかもしれませんが、普段の暮らしぶりは、急には変わらないのです。





自分はどうしたいのか?


どんな暮らしがしたいのか?


今の不便を、どうしたら解消できるのか?



自分や家族を主体に考えないと、もったいないことになってしまいます。





ミセスコーナーは、結局「とりあえず」のもの置き場に。


吹き抜けから見えるファミリーコーナーは、取り込んだ洗濯物置き場に。


テラスは道路から丸見えで、とてもバーベキューどころではなかった。


エアコンもなく、照明器具もケチってしまったウォークインクローゼットは、とてもコーディネートなどできるスペースではなかった。


スタディコーナー文具や道具を収納できるスペースがなく、ごちゃついてしまって宿題どころではない。




そんな、少し残念な結果もよく耳にします。




普段の暮らしぶりをじっくりと聞いてくれて、そこにさすが!と思えるプロならではのプラスアルファのエッセンスを提案してくれる人。



そんなプロフェッショナルがいるところで、リフォームができると良いですね。


まずは、じっくりと話を聞いてくれるかどうか。


業者選びの最初のポイントですよ。







リフォーム前に必要不可欠!
【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
受講生が1700名を超えました

<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩



ライフオーガナイズを自分の暮らしに活かすなら

【ライフオーガナイザー2級認定講座】


・7月21日(火) 宮城(仙台) 

詳細はこちら です


ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |