成”幸”学の専門家「目の前のことに最善を尽くす」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

杉山 春樹
杉山 春樹
(飲食店コンサルタント)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「目の前のことに最善を尽くす」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

『目の前のことに最善を尽くす』




ある老人が成功について次のように語りました。


「成功の秘訣は、どんな職業でもよいから、

絶えずその第一人者になることを心がけることだ。



私は12歳のとき、紡績工場の糸巻小僧に雇われた。


その時、私は世界第一の糸巻小僧になってやろうと決心し、

一生懸命働いた。



それが認められ、今度は郵便配達に雇われたのだ。


そのときも、

私は世界一の郵便配達になってやろうと決心した。



そして、一生懸命に一軒ごとの番地と姓名を暗記し、


ついには配達区のどんな小さな路地でも

私の知らない家は一軒もなくなった。



ムダな努力だというかもしれないが、

私はそれを認められて間もなく電信技手になった。


それ以後も同じやり口でガンバってきたのだ」


こう答えたのはアメリカの鉄鋼王・アンドリュー・カーネギーです。


みなさんもご存知かも知れませんがアンドリュー・カーネギーは

スコットランドから移民してきた貧民の子でしたが


数々の職業を経験したのち鉄鋼会社を創業し、大成功を収め、

「鋼鉄王」と呼ばれアメリカ史上2番目の富豪と言われました。



また慈善活動にも精力的で数々の基金を創設し、

図書館や学校を寄付しています。



コンサートの開催地として有名なカーネギー・ホールも彼の寄贈です。



「どんな職業であれ、絶えずその第一人者になれ」


これは、カーネギーが日頃よく口にしていた言葉です。



そのくらいの心構えを持つのと持たないのでは

長い間には大きな違いが生まれるでしょう。


今、あなたが取り組んでいることが

自分に向いているか、向いていないかも大事ですが、


それ以上に、『その仕事に自分の心が向いているか、

向いていないか』が重要なのです。



つまり、第一人者になるくらいの気持ちで

目の前の仕事に取り組むことが大切なのです。



その心構えと姿勢が、新たな「チャンス」を呼び込むのです。



そのことをカーネギーは、

私たちに実証してみせてくれたのではないでしょうか。



社会教育家・後藤静香氏も次のような言葉を残しています。



十里の旅の第一歩、百里の旅の第一歩では

同じ一歩でも覚悟が違う。



三笠山に登る第一歩、富士山に登る第一歩では

同じ一歩でも覚悟が違う


どこまで行くつもりか?、どこまで登る積もりか?

目標がその日、その日を支配する。



(後藤静香氏の『第一歩』より)



成功を手にした人たちは、

最初の一歩から覚悟が違っていたのです。



凡人の私には、最初から「百里の旅の第一歩」という覚悟で

踏み出すことは難しいかも知れませんが


目の前の与えられたことに集中することは出来ます。



与えられた仕事を楽しもうとする工夫は出来ます。



そして、一歩踏み出すことで徐々に覚悟を固め、

見つめる先を高くしていくことならできると思います。



ですから、いつも目の前に与えられたことには


先ずは、「有り難い!!」と感謝の言葉を発します。



そして、「よし、この仕事で認められよう」と自分に語り掛け、


「面白い!!」、「楽しい!!」と声に出して楽しむ工夫をします。



「言葉はちから」です。


その口にした言葉が向上心を養い、

高みを目指す原動力となるでしょう。



その高みを目指す心が、「チャンス」を呼び込み、


成功への道を歩むことになるでしょう。



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて、


明るく、元気に、


「面白い!!」、「楽しい!!」の言葉とともに


ウキウキ、ワクワク、目の前の仕事を楽しみましょう。



楽しみながら、目の前の仕事に最善を尽くしましょう。



そして、成功というゴールへ向かって歩み続けましょう。


大丈夫!大丈夫!


あらゆる点で一層良くなる!


必ず良くなる!


良かった!良かった!


ツイてる!ツイてる!


ありがとう!


素晴らしい仲間達と


共に生き!!


共に歩み!!


共に成長しましょう!!

--------------------------------------------



























































 |  コラム一覧 |