成長の為の思考のプロセス - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表
東京都
ピラティスインストラクター
03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年04月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成長の為の思考のプロセス

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン

 こんにちわ


今日は「梅雨」といった言葉が


ピッタリの1日ですが


こういう日もあることが


大切なんですよね



 今日は研修&ミーティングデイという訳で


日頃のミーティングに参加をしたり


色々な方から相談を受ける中で感じたことを


綴ってみます




 何か目標や計画を立てたりする時に

「出来る」から「やろう」とするのか


「やりたいこと」を「どうやったら出来るか」を考えるのか


の違いというのは、とても大きいと思います



 スタッフにも話をしましたが


多くの場合、「やりたい」と思っても


現在の自分の能力であったり


資金などを含めた様々な要因から


現状のままでは出来ないと判断をすると


「やろう」としないんですよね



「出来ない」で思考が止まってしまう



 そして


現在の能力やリソースなどから


「出来る」ことを「やろう」としてしまう



 しかし


そこには「成長」も


「成功」も無い訳です




 なぜなら


多くの場合、自分が思い描く理想像や目標と


現状との間には大きなギャップがあり



 そのギャップを埋める為に


何が出来るかを考え、行動し続けることで


少しずつそのギャップが埋まり


目標に到達出来る訳ですが



 現在の能力やリソースで出来ることを


やるだけでは、現状維持となり


自分の能力は磨かれず



そのギャップを埋めることにはならないので


目的地に到達出来る訳が無いんですよね



 大切なのは


「出来ない」という制約された思考から入り


現在やれることを、やることではなく



 「やりたいこと」を叶える為に


「何が出来るか?」


「どうやったら出来るか?」を考え


行動し続けること



そして


組織の代表としては


そういった姿を仲間に魅せ続けることが


大切なんじゃないかな~と感じます







 ちなみに今日の実技研修は


コアのトレーニングを


前、後ろ、横、回旋の4つ×スタビリティ、ストレングスの


8個に分類し、各事象のエクササイズと


それぞれのエクササイズのリグレッションと


プログレッションを皆で考えながら


実践していきましたとさ





としお

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ピラティスインストラクター)
Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表

目指せ!!2か月で猫背改善

高性能な姿勢分析器と専門のトレーナーがあなたの骨盤や背骨、肩甲骨の歪みなどを確認し、あなたのカラダとココロに合わせたエクササイズを提案し、2か月で猫背の改善を目指します!!

03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。