組織はリーダを超えられるか? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

組織はリーダを超えられるか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

最近、考えているテーマがいくつかあるのですが、そのひとつが、これ。

 「組織はリーダを超えられるか?」

例えば、会社であれば、社長の器を越えた会社を作れるのかどうなのか。

例えば、プロジェクトなら、プロジェクトリーダの能力を超えた成果を出せるのかどうなのか。

いろいろと文献やネット記事を調べてみて、考えたのですが、それはやはり難しそうです。
なぜなら、メンバは素直なので、リーダの考えを忠実に反映するから。

リーダがムリ、と言えば、メンバもムリ、と考える。
リーダがやさしくなければ、メンバも優しくなくなる。

だからです。

でも、ひとつだけ例外があると考えています。

それが、
 「成長する組織を作れたとき」
です。

組織自身が考えて、改善できる、そして成長志向なら、リーダがどうであれ、組織がアメーバのように自動的に成長していきます。

なるほど。

なので、成長する組織が作れないのであれば、やはり、組織はリーダの鏡になってしまいます。

あー、ブルーですね。

でも、成長する組織を作るのはすごく難しいですが、不可能ではない、と希望を持つことにします。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |