アメリカの税金がらみの詐欺に注意(1)――なりすまし詐欺 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカの税金がらみの詐欺に注意(1)――なりすまし詐欺

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカの税金がらみの詐欺に注意(1)――なりすまし詐欺

確定申告をしなければいけないとか しなくていいとか、子供であっても すでに死亡した人でも 詐欺の被害者になりうるので注意が必要です。

まずは 身分証明詐欺、身分の盗難についてです。

身分の盗難とは ただの身分証明の盗難におさまらず、盗まれた身分証明からさらに 自分になりすまして、盗まれた自分の身分を使って クレジットカードを発行したり お金を引き出したりすることです。

 

    自分の身分証明が盗まれることもあります。自分になりすまして、他人が勝手に確定申告をおこなって、還付金を盗むのです。その場合、自分自身が 確定申告をしようとして、税務署に 「あなたはすでに申告済みです」といわれ、本当の自分による申告書が拒絶されるので 事情を把握することになります。

    この場合 近所の警察署に通報して、税務署のホットラインに連絡します。  Identitytheft.gov

    自分のクレジットヒストリーを扱っている 信用機関に連絡します。

    アメリカ国税局に連絡します。 電話番号 1-800-908-4490

    ソーシャルセキュリティオフィスに連絡します。 Ssa.gov   1-800-772-1213

    税務署が拒絶した手紙に返信します。返信用フォームは Form  14039 です。

 

事態は思っているより 悪いといえます。専門家に 代理人になってもらって 税務署との交渉が必要です。

 

http://toddaccounting.com/

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。