大量の知識をどう整理するか? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大量の知識をどう整理するか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話



ようこそ。わたしのバーチャル朝食会へ。

さて、知識が豊富になるのはいいこと。でも、活きた知識を身につけることはもっと重要。
昔、クイズ王の方がどんな情報整理をしているかのインタビュー記事を読んだ。
それによれば、毎朝、新聞を13紙ほど読んだとあった。また、大手マーケティング部門では、男性でも、週刊女性をまでもチェックするという話を聞いた。
実践してみてわかったのは、これは、定点観測調査としての知識インプットであることだ。知識を体系づけるフレームワークは、一般的に歴史でありプランニングは、法律や施策マーケティングは統計となる。
そこに、自分の強みを活かした専門分野の知識体系がありトレンドのスキルが上に被さる。ここに常に実践を行い知識が更新される。
そして、一番大事なのは、全て忘れて、いろいろな人の話を傾聴し、熟成させ、絶妙なタイミングでアウトプットする。
何か壮大な気もするが、誰しも量の違いこそあれ行っていることだ。差があるとすれば、全て忘れて という下りのところを行っている人の割合は少ないかもしれない。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム