成”幸”学の専門家「先延ばしの呪縛から解放する」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

富井 学
富井 学
(飲食店コンサルタント)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「先延ばしの呪縛から解放する」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

『先延ばしの呪縛から解放する』




「数学に公式があるように、宇宙には宇宙の摂理があり、

成功には成功の法則があります」



これは、私の言葉です。


数学の難しい問題も、公式を知っていれば解けるように

成功も「成功の法則」を知れば到達は早いですよね。



そして、成功という到達点に辿り着くには

次の二つのステップを踏まなければなりません。



先ず最初のステップが、

「成功の法則」を知ると言うことです。



そして、第二のステップが、

それを実行することです。



行動せずにゴールに辿り着くことは決してありません。



いたって簡単でシンプルな法則です。



しかし、ここで良く考えてみて欲しいのですが


私たちの多くは、既に第一のステップの

「成功の法則を知る」と言うことは出来ているのではないでしょうか。



例えば、「人に挨拶をする人」と「しない人」、

「どちらが成功する確率が高いですか?」と尋ねれば、


多くの人は「挨拶する人」と答えるでしょう。



何事も有り難いと捉え、「ありがとう」と「感謝する人」と


何事にも不満を持って「愚痴を言っている人」と

「どちらが成功する確率が高いですか?」と尋ねれば、


みなさんは、「感謝する人」と答えますよね。



この様に、既に多くの人は、

「成功の法則」を知っているのです。



では、「なぜ?」、知っているのに成功できないのでしょうか?



その答えを、童話「葉っぱのフレディ」で有名な教育学者、

レオ・ブスカーリアが次のように言っています。



「僕はずっと山に登りたいと思っている。

・・でも明日にしよう。


おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。」



ブスカーリアが言うように

「思うこと」と「行動する」ことの間には、

大きな開きがあるようです。



成功というゴールに辿り着けない最大の原因は

「知っているのに、やっていない!!」と言うことです。



「挨拶をすること」、「感謝すること」の大切さを知っていても

日々の生活の中で実行しているか、どうかなのです。



「明日」と云う日は永遠に続きます。



ですから、「いつかやりたい!」と言っているのは

ずっとやらないことを宣言しているようなものなのです。



ブスカーリアは、こうも言っています。


「危険を冒さない人は、何も行わず、何も得ず、無に等しい。



苦しみや悲しみを、避けることはできても、


彼は学ぶことも、感じることも、変化することも、

成長することも、生きることも、

そして愛することもできない」と


行動こそが、成功への第一歩なのです。



それを邪魔しているのが「先延ばし」という行為なのです。



例えば、仕事とかで「先延ばし」を始めてしまうと、


結局、期限ギリギリになるまで、手をつけられなかったりしますよね。



「先延ばし」は、「いつかやらなくてはいけない」という気持ちと、


「今はやりたくない」という気持ちの葛藤によって起こります。



ですから、どんな仕事でも

全て、「先延ばし」しているわけでもありません。



私たちが「先延ばし」する場面を観察すると


「難しい」とか、「面倒だ」と思う時が多いようです。



つまり「心理的なハードルが高い」時に

私たちは、「先延ばし」をしてしまうことが多いのです。



ですから、「先延ばし」を防ぐためには、

この「心理的なハードル」を下げる工夫をすれば良いのです。



このハードルを下げる工夫の一つが「分割する」です。



例えば、面倒な報告書を書かなければいけない場合


パソコンの前に座っても、気が重くて手が進まないと

つい、他の作業を始めてしまったりしがちですが


そんな時には、最初から「しっかりした報告書」をつくろうとしないで


先ずは、「思ったこと」をどんどん、パソコンに打ち込みましょう。



そして、それから、それらの言葉を整理しながら

提出する報告書を作成すれば良いのです。



ですから、先ずは「始める」ことなのです。



要するに「成功の法則」の第二ステップの「行動する」です



そして、もう一つが、「楽しむこと」です。



私たちは、「面白いこと」、「楽しいこと」は

積極的に行動する傾向があります。



ですから、与えられた課題を「楽しむ工夫」をすることです。



では、どのように・・と言う方は、


先ずは、


「簡単!!」、


「面白い!!」、


「楽しい!!」と連呼しましょう。



「言葉はちから」です。


その口にした言葉が「やる気」に火をつけてくれるでしょう。



その「やる気」で小さな一歩を踏み出しましょう。



小さな一歩が大きな成果へとつながるでしょう。



「この星(地球)は行動してなんぼの星」だと知りましょう。



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて、


明るく、元気に、


「簡単!!」、「面白い!!」、「楽しい!!」の言葉とともに


ウキウキ、ワクワク、「先延ばし」を止めて行動しましょう。



楽しみながら、ゴールを目差しましょう。



そして、栄光のゴールテープを切りましょう。


大丈夫!大丈夫!


あらゆる点で一層良くなる!


必ず良くなる!


良かった!良かった!


ツイてる!ツイてる!


ありがとう!


素晴らしい仲間達と


共に生き!!


共に歩み!!


共に成長しましょう!!





-------------------------------------------
















































































 |  コラム一覧 |