禅 その7 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

荒木 健治
自然治癒力研究所 代表
愛知県
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
日色 雄一
(鍼灸師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
道元の主著『正法眼蔵』から

仏道をならふといふは,自己をならふなり。 自己をならふといふは,自己をわするるなり。
自己をわするるといふは,万法に証せらるるなり。
万法に証せらるるといふは,自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。
悟迹の休歇なるあり,休歇なる悟迹を長々出ならしむ。

<訳>
仏道がわかるとは、自己究明によって自分が分かるということである。 自分が分かるとは、
自分を忘れる(自己への執着を離れる)ことである。
自分を忘れるとは、仏法の方から自分が証明されるということである。
仏法の方から自分が証明されるとは、自己と他己の身心の区別を超越し、大悟徹底することである。
しかし、一旦悟ったら、悟後の修行をさらに続け、悟りのくさみや迹かたを消して
本来の自己に帰らなければならない。

まずは私というものから離れることだと思いますが、この思考という幻想からはなれるのを坐禅は助けてくれるのでしょうね。




下記人気プログランキングのクリックをしてね。



クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
 |  コラム一覧 |