落ち込みます… - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

高田 千尋
高田 千尋
(イメージコンサルタント)
吉武 利恵
(人の印象の専門家)

閲覧数順 2017年04月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
YURUKUウォーク(前Noriko式ウォーキング)のBjウォーキングスクール代表Norikoです。

昨日はインストラクター養成講座福岡2期の3回目のレッスンでした。
毎レッスン今の状態をお聞きするのですが
2回目と3回目のレッスンの時
落ち込むインストラクターがいます。

「私は できていない。」
「歯がゆい。」

泣いちゃう人もいます。

だってね
今まで何十年と続けてきた習慣を変えるのですから
そんな風になっても仕方ないですよ。

まず
読者の皆さんも私のブログを読んで感じておられると思いますが
これまでの常識を頭の中から取り払わないと
私が何を言ってるのか理解ができません。
また何をしたらいいのかは頭で理解できたとしても
何かしら不調があるなど緊張し続けてきた方なら
身体がすぐにはついていかないこともあります。

昨日も
「今日は落ち込んで来るのが辛かった」
という人が。

あちゃ~(´Д` )

こういうお話は慣れてますけどね^ ^

そこで登場するのが先輩インストラクターであるクローバーさん。
途中で折れそうになった人もちろんいます。

「私なんて最初 Noriko先生がなに言ってるのかわからなかった」
とか
「もう、諦めようって思ったこともあるよ」
って。

受講者からすれば先輩インストラクターたちはなんの苦労もなくできてる感じがするのね。

だけどみんなみんな自分自身と向き合って
大なり小なり悩んだ時期があるんです。
とりあえず要領よく形を作ってしまおうとしてしまったら
はっきり言ってそこまで。
それに対してさらに向き合い抜けることができたなら身体の変化が加速します。

そうしてきたインストラクターたちは講師として本当に素晴らしいです。
人の痛みがわかる人たち。

喜びをともにそしてひとりぼっちを作らない
YURUKUワールドを大切にしてくださいます。

先輩インストラクターたちが受講生にかける言葉や笑顔は
とっても温かい。

それを見るたびになんて素敵な人たちなんだ!と 思えてなりません。


先ほどの落ち込んでいた受講生ですが

レッスン後に撮った写真を初回の写真と並べてお見せしたら
「えー?!」
そうです。身体が確実に変化しているのが見て取れました。

私はまたこう言いました。
「三匹の子ブタの1番目の子ブタのように即席にいつ壊れるやもしれないワラの家を作らずに
3番目の子ブタのように少しずつ一生モノの家を作りましょうね」と。

ただ「できてない…できてない…私はダメ…」
なーんてひとり思っていただけ。

ひとりぼっちはね、やっぱりいいことない。
ともに歩もう!ともに喜び合おう!


◆◆レッスン・セミナー情報◆◆
◾︎スクール情報
◾︎ご受講者の声
◾︎無料 会員登録
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?

◾︎YURUKUウォークお台場イベント

◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡(開講決定)


◾︎YURUKUウォーカー講座
入門・認定講座 東京・大阪

◾︎1dayウォーキングセミナー 

◾︎ウォーキング個人セッション
 (マンツーマン・ペアレッスン)
 
   東京・大阪
◾︎定期レッスン 大阪(心斎橋)
◾︎レッスン・セミナー情報 全国

◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。