◆背中にも感謝状 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。

ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!




先日、予定よりも遅くなってしまい、急いで帰宅すると、



なんと!!


洗濯物が干してある!




慣れない手つきで、長男がやってくれたようです。



力が抜けて、涙が出ました…。




自分ばかりあれこれ抱えている気になって、


そのくせ、自分でやらないと気が済まないから手伝ってほしい、助けてほしいとなかなか言えずに、


また自分ばかりが抱えてしまう。




余裕がなくて、笑えなくて、いつの間にか不機嫌になっていたら、それは伝染して家中がどんよりします。


子どもが帰りたくなくなる家は、親が不機嫌な家だそうです。



もちろん、それは子どもに限ったことではないですね。






子どもはとにかく、親をよく見ています。


大人よりも感度の高いセンサーで、いろいろ感じ取っています。


そして、それがその子の意識の一部になって、価値観として形成されていくと言われています。


私たち大人も、やっぱり子どもの頃の日常の中での出来事から感じたことが、自分の根っこになっているものです。







自分が忙しくても、気を使ってくれて、その時にできることをしてくれる親の背中を、子どもたちはちゃんと見ていたようです。


子どもはなかなか言った通りにはなりませんが、普段見ていることはいつの間にか身についているようです。



子どもたちが、自然に、夫と同じことをしてくれるなんて、その立派な背中にこそ感謝状です。


そして、嬉しい行為をしっかり受け取って、嬉しい気持ちを伝えようと思います。





必死になっているときは、内側にばかり目が行ってしまうけれど、


外に目を向けると、気づいていなかったことや、受け取れていなかったこと、そして勝手に誤解したまま勘違いしていたことが、山のようにあることに気づきます。




ないものばかりではなく、あるものをしっかり見ておかなくちゃ、もったいないですね。







部屋だけでなく、頭の中も散らかっていませんか?

【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
受講生が1700名を超えました

<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩



ライフオーガナイズを自分の暮らしに活かすなら

【ライフオーガナイザー2級認定講座】


・7月1日(水) 岩手(盛岡) 

詳細はこちら です


・7月21日(火) 宮城(仙台) 

詳細はこちら です


ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |