年をとるとお尻が四角くなる? - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年をとるとお尻が四角くなる?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

YURUKUウォーク(前Noriko式ウォーキング)のBjウォーキングスクール代表Norikoです。

年をとるとだんだんお尻の形が四角くなると言います。
20代はプリンと真ん中に寄ったお尻だけど
30代、40代、50代…と年齢が上がると
お尻の下の方が広がってぼてっと四角くなっていく様子をガードルの広告で見られたことありますよね?

でも老化現象として諦める必要はありません。
これ骨盤が開いて四角くなっていると言われることが多いですが
日々の姿勢や歩行の悪さが原因で身体が閉じてしまって

きれいなお尻になるために柔らかくしておく必要のある大腰筋がうまく使えず固くなってしまっているから体型が崩れているんです。

私は身体が閉じていないし力をこめずに歩くことができるため
ただ歩いているだけで大腰筋を柔らかく保てています。

だから51歳ですがいつでもスッと足が上がりますし
お尻は真ん中に寄ってます。

聞き飽きておられると思いますが
相変わらず筋トレとストレッチはしていません。

ちなみにガードルは一枚も持ってません。要らないからです。
ガードル無しでピッタリしたパンツもはきます。
こんな撮影の時だってはきません。
お尻や足の筋肉の動きを妨げるものが何も無いので
歩くたびに筋肉がよく動いてより調子がいいです。

身体が閉じていくのも歪みです。
建物で考えてみてください。少しの傾きでも年数が経つとより傾いたり壁に亀裂が走ったりしますよね。
姿勢や歩き方が悪く歪んだ身体のまま年を重ねるから
より歪んで体型が悪くなったり身体が痛くなるなど不調が生じてくるのです。

年を取ったら仕方ないじゃなく
歪む原因となっている姿勢や歩き方を長く続けているせいなのだから
それをやめて良い状態に徐々に戻していけばいいんです。

かっこいいお尻でいるには力を込めない良いバランスの姿勢や歩き方で
柔らかい筋肉に保つことは必須なんですよ。


◆◆レッスン・セミナー情報◆◆
◾︎スクール情報
◾︎ご受講者の声
◾︎無料 会員登録
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?

◾︎YURUKUウォークお台場イベント

◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡(開講決定)


◾︎YURUKUウォーカー講座
入門・認定講座 東京・大阪

◾︎1dayウォーキングセミナー 

◾︎ウォーキング個人セッション
 (マンツーマン・ペアレッスン)
 
   東京・大阪
◾︎定期レッスン 大阪(心斎橋)
◾︎レッスン・セミナー情報 全国

◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!