細胞が活性化するとは具体的にどんなこと? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

細胞が活性化するとは具体的にどんなこと?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
 「細胞を活性化する」
あなたはこんな言葉を聞いたことはありませんか?

表現としては、
「なんだかわからないけど、いけそうな気がする」
そんな雰囲気がプンプンします。

でも、具体的に活性化というのが意味するのは
どういうことなんでしょうか?

高校時代に生物の勉強をした方はご存知だと思いますが、
細胞は、ATPというエネルギーを使って
物質の代謝など、様々なことを行っています。

つまり、ATPが細胞に十分ある状態になれば
細胞は、再生能力もあがるし、バンバン働いてくれます。

元々細胞は、体を健全に保つ働きを持っているので
細胞がバンバン働いてくれれば、病気にもならないし
なってもすぐに回復することができます。

死にかけ細胞のような老化状態もないので
いつまでも若々しい状態でいることができます。

すごくいいことずくめです。

では、ATPをたくさん作るにはどうしたらいいのか?

それは、
細胞に電子をたくさん送り込むことです。

細胞のミトコンドリアでは、電子伝達系という
ATPを作る働きをもっています。

電子がたくさんあると、細胞の中と外で
水素の濃度差を作ることができ、
この濃度差を利用して、ATPを作ることができます。

単純に言えば、
電子を細胞に送り込むことができると、
細胞が活性化する。
というわけです。

では、どうやったら電子を細胞に送り込むことが?

てことで次回。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。