春季うつと住環境 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

春季うつと住環境

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
いよいよゴールデンウィークも終わり、新しい環境が始まった新入生・新社会人のかたの中にも環境に馴染めず「うつ」状態になっているケースも少なくないと思います。


夜に色々考えてしまって眠れず、寝坊してしまったとか誰にでも経験することですが、新しい環境下におられるかたにおいては、睡眠障害はうつ症状の一つと言われてます。





セロトニン不足のうつ症状や「春眠暁を覚えず」で睡眠のリズムを崩している場合に、太陽光を浴びる治療法がありますが、住環境において「夜寝る前にカーテンを開けて寝る」と日の出は今の時期5時前なので、朝方部屋に光が差し込み寝ていられなくなります。

うつ症状のかたの部屋が西北面にあると「日の出効果」が受けられないので、家族間で部屋の配置換えをしたりするのも有効です。


私も早起きしなければならない前日は、南面にあるリビングで寝ると朝方目覚まし無しで起きれ、体内時計がリセットされた実感がありました。


人間は五感に左右される生き物ですので「陽当り・風通し・音・におい」などが住環境に影響を及ぼしていないか検証することも大切ですね。












5月6日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)