抗癌剤 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

荒木 健治
自然治癒力研究所 代表
愛知県
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

みかん
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
林田 智成
(薬剤師)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
 すでに、アメリカでは抗癌剤は悪影響さえ及ぼすことが判明しているために、癌治療には使っていないといわれています。日本では、これらのことは伝えられていません。
 ある調査で、100人の癌専門医師に「もしも、癌になったら抗癌剤治療を受けますか?」という質問に全員が「受けない」と答えた、という調査データがあります。

 抗癌剤は製薬会社と病院が儲かるからです。ちなみに、癌患者一人の治療費は発症して死に至るまで、平均3年として1年500万円、合計1,500万円かかると言われています。
つまり、癌患者は、製薬会社や医療機関にとって最高のお客であるわけです。

 その例として、抗癌剤の効果記事を書くと製薬会社から謝礼がもらえるという記事がありました。
騒がれていないですが、抗癌剤で死亡した記事もありました。
 FaceBookにアップした、癌と診断されたら行政から追跡されるのと合わせて何か変に思うのは私だけでしょうか。

読売新聞2013.12.11付


読売新聞 2014.03.27付



下記人気プログランキングのクリックをしてね。



クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o
 |  コラム一覧 |