成”幸”学の専門家「人生の究極の目的は、幸福の追求」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
高田 剛
高田 剛
(インテリアデザイナー)
掛川 幸子
(現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「人生の究極の目的は、幸福の追求」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

『人生の究極の目的は、幸福の追求』




今日は、意識の人生(起きている時間)の半分以上を占める

仕事について考えてみたいと思います。



もし仕事がツラく、苦しいものであれば、

人生の半分以上はツラく、苦しいものになるでしょう。



逆に、仕事が楽しければ、人生も楽しいものとなり、

幸せな人生となるでしょう。



次の言葉はダライ・ラマ14世の言葉です。



「私は人生の究極の目的は、幸福の追求だと信じています。



これは、はっきりしています。



宗教を信じていようといまいと、

或いは、どの宗教を信仰していようとも、


誰もが、人生に何か良いことを見出そうとしているのです。



ですから、生きるという行為は、

まさに幸福を目指しているのだと思います」


(ダライ・ラマ14世)



「当たり前だ」と言われればそれまでですが、


このことを強く意識しながら日々を生きているかどうかで

私たちの人生は大きく変わるのではないでしょうか。



「私は、幸せな人生を歩むために仕事をしているのです」と


胸を張って、力強く言い切れる方がどの位いるでしょうか。



仕事とは「辛く耐えなければならないものだ」という気持ちで

働いている人も多いのではないでしょうか。



私たちは、一体何のために仕事をしているのでしょうか?



それは、「幸せな人生を送るため」の

一言に尽きるのではないでしょうか。



この信念が明確に芽生えた時に、


人は仕事への壁が越え、

一段上のステージへと成長できるのではないでしょうか。



例えば、営業職で


『数字を上げること=辛いもので忍耐が必要』


『数字を上げること=素敵な出会いが増えていく』


前者と後者の考え方の違いで、日々の仕事への取組み方が・・


日々を生きる価値観が・・まったく違ったものになるでしょう。



そして、面白いことに後者のように、


ワクワクした心で仕事に取組んでいる人には、

「チャンス」も転がり込んでくるのです。



人生においては、仕事の占める時間は圧倒的に多いと思います。



そのなかで、もし、幸福感を覚えられないと言うならば、

それは、とても悲しいことです。



ですから是非、自問自答して欲しいのです。



「この仕事で私は、誰を幸せにでき、どんな貢献ができるのだろう」



「この仕事を取り組むことで、これからの人生に、

どんな幸せが訪れるのだろうか?」と・・



人生の質は、自分自身への「質問の量と質」で決まるそうです。



だから、いつも、


「何のために・・」、「誰のために・・」


そして、「このことは○○を幸せにし、

自分の人生をも豊かにする」

と声に出して自分に語りかけましょう。



「言葉はちから」です。


その自分自身に問い掛ける言葉が


仕事の意義を発見させてくれるでしょう。



自分の人生のあり方を知ることが出来るでしょう。



そして幸せな人生は、仕事を通じて築かれることだと知るでしょう。



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて、


明るく、元気に、


自分自身への問い掛けの言葉で、仕事の意義を見つけ


ウキウキ、ワクワク、仕事を楽しみましょう。



そして、幸せな人生を歩みましょう。


大丈夫!大丈夫!


あらゆる点で一層良くなる!


必ず良くなる!


良かった!良かった!


ツイてる!ツイてる!


ありがとう!


素晴らしい仲間達と


共に生き!!


共に歩み!!


共に成長しましょう!!


























































 |  コラム一覧 |