飲んでも肌には届かないヒアルロン酸 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲んでも肌には届かないヒアルロン酸

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般

 トクホの審査で落ちた、効果の無い製品が、新しくできた機能性表示食品で販売されます。
それが、キューピーの「ヒアルモイスチャー240」です。
どれくらいダメかというと、・キューピーが自社で実験しても効果がほぼ無い。・他社に調べてもらったら、全く効果なし・引用している論文には、ヒアルロン酸は数日で90%排泄されるなど否定的な結果
という、どうして効果あると言えるか提出されているデータにも明確なものがない。
大学院であんまりわからない学生がやってみましたというレベル。でも、指導教授によっては、修士認めてもらえないような気がしますけどね。
どうしてこうなったのか、キューピーの社員を連れてきて1日問い詰めたい気分になりますが、機能性表示食品として販売されます。
えーと、ヒアルロン酸はほぼ99.9%肌には届きません。多く見積もって0.3%。
今後もトクホで認定されず落とされる。→企業が自己判断できる機能性表示食品として販売。という流れで、「何も知らない消費者が、トクホみたいなものだと思って、機能性表示食品を買う。」
という、「越後屋、お主も悪よのう。グフフ。」という、厚労省の言葉が聞こえてきそうな気配。
もともとトクホは、肝機能障害がでる可能性大で、海外では発禁処分の高濃度茶カテキンを押してるし、信用できないのですが、そのトクホ落ちを拾う機能性表示食品までできてしまいました。
今後、機能性表示食品がどうなるか、要チェックです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。