◆いつもそばで応援してくれてありがとう - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)

閲覧数順 2017年04月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◆いつもそばで応援してくれてありがとう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!




この春は、我が家の子どもたちは二人とも、卒業と入学で新たな生活が始まっています。


6学年差なので、6年前も同じように卒業(卒園)と入学が重なりました。






2人で12年間、お世話になった保育園。


2人で12年間、お世話になった小学校。




6年前の二男の卒園式は、それはもう涙ずるずるで、今でも卒園式のDVDのケースを見ただけでも泣けるほど。



入園当初はおむつをして、よちよち歩きの赤ちゃんだったのに、卒園式では、しっかり卒園証書をもらい、一人ずつ親への感謝の気持ちをコメントしてくれたのです。



子どもたちが自分で考えていたコメントは、卒園式前日の予行練習で先生方も初めて聞いて、練習なのに涙が止まらなくなったとおっしゃっていました。



どの子もみんな立派なコメントで、本当に涙、涙の卒園式。


6歳なのに、しっかりと親や周りのことを見ているんだなと感動でした。



二男は、「いつもそばで応援してくれてありがとう」と言ってくれました。




仕事をしていると、一緒に過ごす時間を長くは取れなくて、やはり罪悪感との戦いです。


時間の長さではなく質、と自分に言い聞かせても、常に後ろめたさのようなものがありました。



そんな親の心理状態に子どもはとても敏感です。


疲れているのに無理したり、イライラしたり、落ち込んだり、伝わっていたであろう状況を察知して、親が望む対応をしてくれるのです。



本当は、そばで応援してもらっていたのは、親の方でした。



子どもたちが健やかに成長して、自分で考え、自分の意見を持ち、周りもしっかり見ていられるようになったこと。


こんなにありがたいことはないなと感じます。


大事な人を応援できるって、幸せなことですね。




今日はささやかな一つの区切りがありました。


これからますます、良いことがたくさん起こるような気がします。






メールで応援しますよ!
ライフオーガナイズに興味が出たら
 受講生が1600名を超えました!

【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩


【ライフオーガナイザー2級認定講座】


【今後の予定】

4月 川越(埼玉)

5月 山形

6月 東京(池袋)


ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |