災害対策あれこれ - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
野平 史彦
(建築家)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

災害対策あれこれ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

先日の茨城県の海岸に多数のイルカが打ち上げられた現象から、地震があるのではというウワサが流れましたが、災害対策は常にしておくべきものですね。

東京湾北部地震(M7.3想定)時はライフラインが止まり、復旧までの日数が東日本大震災時よりかかる恐れがあると言われています。


電気は4日~1週間

水道は4日~1か月

ガスは35日~55日


首都直下地震等による東京の被害想定←

74-75ページ参照


災害時に強いインフラとして「プロパンガス」がありますが、都市ガスの地域は復旧が遅れることを考えると、

・オール電化住宅

・エネファーム+蓄電池


などの住宅は比較的日常生活の復旧が早いと思います(住宅が倒壊していないことが前提)



お湯を沸かしたり、暖をとるために私もこのような備品を常備しています(^^)

簡易トイレ用のシートもあります。






飲料は水やお茶が6ケース




今日は、非常食用のカップ麺や真空パックごはんを追加で買っておきました。


消費期限が迫った食材は、期限切れ前に食べるようにしています(^^)


災害時の買い占めはひんしゅくを買いますので、今のうちに買っておきましょうv


お年寄りのかたのご家庭などは、重いものを大量に買い込むことが困難なので、要請があれば早めにサポートすべきですね!













カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)