ファッションセンスを良くするには色のイメージを理解しよう! - しつけ・身だしなみ全般 - 専門家プロファイル

コンドウタダカツ
チェンジングミー 
東京都
パーソナルスタイリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:しつけ・身だしなみ

中井 ちえか
中井 ちえか
(イメージコンサルタント)
本多 里江
本多 里江
(パーソナルスタイリスト)
飯田 祥子
(マナースタイリスト)

閲覧数順 2017年07月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ファッションセンスを良くするには色のイメージを理解しよう!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. しつけ・身だしなみ
  3. しつけ・身だしなみ全般

こんばんはー!

ファッションセンスのアップには色に対する理解度のアップも必要です。
様々なカラーの印象の違いに関する理解を深めてゆきましょう。

例えばブルー。
一般的な青は若々しい印象を与えます。
爽やかで清潔なイメージもあります。
特にビジネスシーンでは同じような印象に加えてきちんとしたイメージが加えられます。

ところが少し淡い水色になると爽やかな印象もありますが、きちんとした印象が薄れます。
未熟ともいえるような軽薄さを感じないこともありません。

では濃紺はどうでしょう。
きちんと感はありますが、少し堅苦しいイメージもあります。
若々しいというよりは落ち着いたという言葉の方が近くなるかもしれません。

それでは濃紺に淡い水色を組み合わせるとどうでしょう。
堅苦しいイメージが消えてきちんとした印象と若々しさが残るようになります。

このように単色のカラーにはそれぞれ異なった印象があります。
それらを組み合わせることでより良い印象を引き出すことが出来るのです。

例えば出かける時に黒のジャケットを着ようとしたとします。
これでインナーやパンツが暗いカラーだったら全体が重苦しい印象になります。

優しさを感じるカラーを組み合わせてはいかがでしょうか。
淡いイエローやオレンジ、水色なども良いでしょう。
こんな風に毎日のコーディネートに活かしてみてください。


ではー!

-------------------------------

パーソナルスタイリスト・買い物同行しております

-------------------------------

 |  コラム一覧 |