身体が歪むと不調になりますか? - スポーツトレーニング - 専門家プロファイル

Lycka till 
東京都
スポーツトレーナー
090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:スポーツ指導・トレーニング

浅野 弘樹
浅野 弘樹
(スポーツインストラクター)
石原 康至
石原 康至
(スポーツインストラクター)
斎藤 利
斎藤 利
(スポーツインストラクター)
斎藤 利
(スポーツインストラクター)

閲覧数順 2017年09月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体が歪むと不調になりますか?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. スポーツ指導・トレーニング
  3. スポーツトレーニング
自由が丘スウェディッシュマッサージサロン「Lycka till」の渡邊です。

桜が満開の季節になりました。綺麗ですね(*^_^*)


さてよく質問されるのですが「歪みは不調の原因になりますか?」ということにテーマにしたいと思います。


だいたい聞かれる時は「腰が痛くなるのは歪んでいるからですよね?」とか「肩コリが酷いのは歪んでいるからだと思うんですよ」という具体的な質問になります。

中には「そもそもヒトの身体は歪んでいるものですよねー。歪みは正さないほうがいいんですよね?」という強者な質問もありますが(^^;;


私の結論から言うと歪みを放置しておくと、そのうちに不調な部分がでてきますです。


多少歪んでも、すぐには不調は出てきません。何故ならその歪んで動きが悪くなった部分を、他がカバーして補正するからです。

歪んだ時に大概は可動域が狭くなります。つまり動きが制限されることになります。

でも少し思い出して下さい。腰が多少痛くても何とか後ろの物をとることができたり、下に落ちた物は拾えますよね。

腰が痛くて動きに制限があったとしてもヒトの身体は他の部分でカバーします。例えば腰なら背中や肩、股関節や膝などを使うとかなり動きはカバーできます。

ではそのままカバーを続けていると??

そのうちに他の頑張ってる部分が疲れてきます。そして歪んで可動域に制限ができたり、痛みが出てきたりします。


ヒトの身体は微妙なバランス成り立っています。そしてうまい具合に補正できるよう成り立っています。

すぐに壊れはしませんが負荷がかかりすぎれば、消耗が激しくなるのは当然です。



また「歪みはそのヒトのライフスタイルに合わせて歪んでいるのだから、それはそれでバランスがとれている。それをあえて矯正や調整する必要はない」という主張もあります。

それはそれでその通りだと思います。いまバランスが取れているのにむりやり一箇所調整したところで、バランスが崩れることはあると思います。それはまるでジェンガのようですね。


近々の場合は確かに何も起きないかもしれません。しかし長い目でみたらどうでしょうか?


腰の動きを背中やでカバーする。背中が硬くなれば肩でカバーする。肩でカバーすれば首でカバーする。または腰を脚でカバーする。脚の動きを股関節でカバーする。

ある日突然首が痛くて動かなくなったり、歩くと股関節の痛みでどうしようもなくなる…などということが起きたりします。


ですので私の提案するのはできるだけ正しい位置になるよう全身の歪みを調整していきましょうです。


更に付け加えれば腰の痛みは腰だけが原因でない時もあるし首の痛みは首だけが原因ではないこともよくあります。


一度歪みを見直してみてはいかがでしょうか?


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / スポーツトレーナー)
Lycka till 

運動が苦手な方でも安心です。神経トレーニングで身体調整。

リハビリテーションの一環として使われるPNFを、アスリートやダンサーのトレーニング・身体調整法として発展させたのがPNFトレーニングです。運動が苦手な方でも少しづつ神経トレーニングすることで、無理なく身体を調整できます。動きは地味です。

090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。