お金の不安をなくすためにやるべきこと・・・住宅について - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

山下 幸子
独立系FP事務所山下FP企画 代表・株)エイム西宮オフィス代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金の不安をなくすためにやるべきこと・・・住宅について

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
100万円トクする生命保険の見直し 生命保険

 

 

輝く女性を応援する!応援団長 マネーセミナー講師 山下幸子です。

 

先日は、働く女性のためのマンション購入セミナー、

大変ご好評により終えることができました!

ありがとうございました!

のちほど、セミナーの様子やご感想などご紹介させていただきますね。

 

さて、

今、住宅ローンの金利が低く、住宅を購入しようとお考えの方、

多いのではと思います。

 

 

住宅購入の動機やきっかけは、

 

その1・・・住宅ローン金利が低いから

 

その2・・・家賃がもったいないから

 

その3・・・社宅を出ないといけないから

 

 

などなど、いろいろあると思います。

購入の動機は、さまざまですが、

 

住宅を購入する目的として

 

「自分好みの素敵な住空間でくつろいだ時間を過ごす」

 

ということが、お金にはかえられない理由としてあります。

これって、すごく大事なことです。

 

 

私は、独身の時、マンションを購入しました。

当然、住宅ローンも利用したので、

けしてお金に余裕がある生活では

なかったと思います。

 

でも、それでも毎日が楽しかったです。

仕事を終えて、はやく自分の家に帰って

くつろぎたい、

週末の休みには、○○をしたい!など、やりたいことがあって

わくわくしながら、お仕事も頑張っていました。

 

住宅ローンという借金を抱えたにもかかわらずです。(笑)

 

衣・食・住 生きてく上での生活の基礎である「住」ですが、

ここがここちよい環境であるかどうかが

メンタルで大きな影響を受けるのですね。

 

それは広い、ゴージャスとか贅沢なものではなく、

自分にとって「くつろげる空間」「居心地の良い空間」「落ち着く・・・」

ということが、大事。

 

賃貸がだめ、というのではなく、

ご自身にとって今のお住まいが

満足のいくものであればOKなのです。

 

ですが、そうではないというとき、

自分のお城、住まいを持つということも

考えてはいかがでしょうか?

 

人生は以外と短いです。

せっかくの時間を、有意義なものに

してくださいね!

 

「女性のマネープラン」に関するまとめ