下瞼たるみとくまの治療アプローチ - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

下瞼たるみとくまの治療アプローチ

- good

下瞼たるみとくまの治療においてアプローチは幾つかありますが、PRPや脂肪注入などの注入系の治療で改善するのはしこりのリスクを負う事になります。

勿論、再生医療や幹細胞の添加により定着率を高める事は可能です。
ただし、限界もあり、それ以上の効果を期待することが出来ません。
 そこで脂肪を補填するのではなく裏ハムラ法という治療であれば、脂肪を移動させる治療あります。

この裏ハムラ法はトラコンハムラ法とも言われており、PRPや脂肪注入と違ってしこりのリスクがないのと、表面に傷は残りません。※行っているクリニックが少ないのが問題ですが。

高い技術を持った医師がほとんどいらっしゃらないのが現状ですので、どうぞ名医を選択される事をお薦めいたします。

下瞼たるみとくまの治療の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。


ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号  090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡
お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)



 |  コラム一覧 |