◆扉 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!




折戸のついたクローゼットが欲しい!



そんなご要望が多かった時期がありました。


収納スペースに付ける扉は、押入れの襖のような引違い戸、観音開きとも言われる両開き戸、そして最近のスタンダードでもある折戸などがあります。



クローゼットっぽさを演出するには、やはり折戸が好まれます。


折れ戸のメリットは、幅を広く開けられるので、中が見やすくなること。


ただし、デメリットもあります。


扉の開閉スペースが必要であったり、2枚に折れた扉は、思いの外厚みがあるので、両脇に扉のたまりができてしまうこと。


そして、扉一枚がとても細長いので、日常の使用でガタつきやすくなってしまいます。





適度な幅があった方が、安定感は良いのです!


人の体型も同じですよね…笑。


細すぎはいけません。




偶然にも、そんな折戸を取り外してしまい、扉のないクローゼットにしたいというご相談が続きました。



いちいち扉を開閉することが面倒!


閉まっていると中が見えないので入ってるものがわからなくなる。


扉の開閉スペースと家具が干渉する。



こんな理由が多いですね。


そして、何かの時の目隠しに、とロールスクリーンを付けておくこともあります。






リフォームほどではないけれど、といったご相談にも応じています。


気になることがあれば、いつでもお問い合せくださいね。




こちらもおススメ!

ライフオーガナイズに興味が出たら
 受講生が1500名を超えました!

【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩


【ライフオーガナイザー2級認定講座】


【東京(品川)】

3月16日(月) 満席のため受付終了!

詳細・お申込みはこちら


【宮城(仙台)】

3月25日(水) 残席わずか!

詳細・お申込みはこちら



ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |