L型プロテーゼもご希望であればご紹介しますが・・・注意。 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

L型プロテーゼもご希望であればご紹介しますが・・・注意。

- good

今更、L型プロテーゼを隆鼻術としてやっている方も少ないとは思います。
ただ経済的な費用の事情でL型プロテーゼでの隆鼻術をせざるを得ない方もいらっしゃって、このケースの場合、安いチェーンなどに行かれる事が多いのかと思います。

そこでこちらのご相談所では”L型プロテーゼをご希望の場合のみ”L型プロテーゼを扱っているクリニックをご紹介しますが・・・実際には注意も必要です。

L型プロテーゼはどうしても鼻先の圧迫を避けられません。

他の手術方法ではI型プロテーゼ(または自家組織移植)+軟骨移植(耳介軟骨移植、鼻中隔延長術など)が考えられます。この方法でしたらL型プロテーゼに比べてクオリティの高い治療が出来ます。鼻先の圧迫が少なく、トラブルを回避しやすいのです。

繰り返しになりますが、L型プロテーゼはリスクがあるのでご希望であれば紹介します。


鼻の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。
ご相談番号  090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡
お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)



 |  コラム一覧 |