今年のアカデミー賞で最も話題となったスピーチ - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年のアカデミー賞で最も話題となったスピーチ

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般

Hello everyone!

映画大好きなのですが、近年は残念ながらあまり鑑賞していません。

アカデミー賞も今年は見られず仕舞いでしたが、新聞やネットでも話題になっている、とある受賞者のスピーチをやっと閲覧することができました。

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』という映画で脚色賞を受賞した、脚本家のGraham Moore氏(34歳)のスピーチです。

“When I was 16 years old, I tried to kill myself, because I felt weird, and I felt different, and I felt like I did not belong.

“And now I’m standing here, and so I would for like this moment to be for that kid out there who feels like she’s weird, or she’s different, or she doesn’t fit in anywhere. Yes you do, I promise you do, you do.

"Stay weird, stay different, and then when it’s your turn and you are standing on this stage, please pass the same message to the next person that comes along.”


以上、huffingtonpostより転記


weird: 変な;風変わりな;奇妙な;気味の悪い
felt like: feel like~で「~のように思う、感じる」
doesn't fit in anywhere: どこにもフィットしない、どこにも居場所がない
it's your turn: あなたの番です。ここでのturnは「(順)番」という意味です。

自分が他の人達と違って変わり者のため、思い悩んで16歳の時に自殺を図ったMoore氏。
自分と同じように、変わり者だと、自分の居場所がないと感じている子どもたちへの、温かくて力強いメッセージです。

最後の部分、

"Stay weird, stay different"は、

故Steve Jobs氏の残した名言、

"Stay foolish, stay hungry"

を引用したのでしょうか?


最近は、ファッションからビジネス戦略まで、右へならえでなかなか個性を発揮しているものを見つけるのが難しくなっているような気がします。

Mr. Moore、そして自分が変わっていて居場所がないと思っている子供から大人までの皆さん、変なまま、変わったままで、人とは違う道を目指して行ってくださいね!応援しています☆

ちなみに、私自身の今年のテーマとなる漢字も「変」でした(笑)

I will stay weird and different, too!


 |  コラム一覧 |