インフレ or デフレ - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

吉野 裕一
FP事務所MoneySmith 所長/株式会社アドバイザーズIFA
広島県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インフレ or デフレ

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

皆さん、お早うございます。

今朝終わった米国市場ダウ平均は100㌦以上の下落で終わっています。昨日の日本市場も100円以上の下落となり、少しムードが良くないですね。
まだ日経平均がダウ平均を上回っているので、もう少し利益確定の売りも出やすいのかなと感じます。

欧州では上昇して終わっている所が多いですが、ユーロ安となっている事も少し不安要因ですね。



最近は原油安もあり、物価が下落しているというムードになっていますが、逆に物価が上がっているものが多くなっているようです。


乳製品や小麦製品は物価上昇の代表的な物です。


日本が経済成長期にお茶からコーヒーなど欧米化した食文化では大きく取り上げられたことが無かったかも分かりませんが、現在の新興国の代表ともいえる中国が経済成長するにつれて食文化も欧米化となり、お茶からコーヒーを飲む方が増えてきて、需要が増える事でコストプッシュインフレとなってしまいます。

景気が好調な国は良いのですが、成長率が鈍化している国ではインフレとなり景気を冷やす原因となります。


中国の話題で言えば、先月の中国の春節には多くの渡航者が日本にも来られ、爆買いという言葉が出来るほど、多くの消費を日本でされたようです。

ちょっと見たテレビでは、北海道の土地を娘さんが気に入ったからと言ったというのを切欠で購入したという爆買いもありました。


バブル期時代の日本が海外の資産を購入していた頃の事を想い出しました。

この後、日本はバブルが崩壊し、失われた20年が始まったのです。

中国もいつバブルが弾けても可笑しくない状態ですので、世界経済に及ぼす影響力には注目しておきたいですね。


原油価格が、そろそろ底値を売っているのではないかという見方も出てきています。


景気回復と共にコストプッシュインフレが起こると、しっかりとした景気上昇局面でないと腰折れとなりそうです。

この辺りのかじ取りは難しいでしょうが、もう一歩先に進んでいきたいですね。


今日は天気は良いですが、昨日ほど暖かくならないようです。

私も体調を崩して、なかなか元に戻りませんが、皆さんも体調管理には注意しましょう!



皆さん、素晴らしい一日を!


***********************************************************

セミナー情報


毎月開催している、ほけんガーデンズでの「マネーセミナー」ですが、3月は日程を変更して3月14日とさせていただきます。


詳しくは、ほけんガーデンズ又は当事務所までお問い合わせください。




3月29日

14:00~15:30(受付 13:30~)


安佐南区民文化センター


第26回 ファイナンシャルプランナーが教える基礎知識~バリューライフを送るための
NISA投資信託

詳しくはこちらをクリックしてください


マネースミスHPセミナー情報

 |  コラム一覧 |