◆足元見られた… - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!




かなりのめんどくさがりの私。


毎日何を着ようか考えることは、とても面倒です。


なので、いつもステキな着こなしの方々を見ると、素晴らしいと尊敬せずにはいられないのです。



私の理想は、どこかの国の原住民のように、ほぼ生まれたままの状態で過ごすこと。


みんながそうなら恐くない!


…はず。




※イメージ


だけど、どんな時代でも、その土地なりの装飾はあるんですよね。


身なりを整えて好意や敬意の意思表示をしたり、装飾を施して自分らしさを楽しんだり、それは人としての本能かもしれません。



私もそんな本能を掘り起こさなければ、と思いながら、すぐに決意が萎えてしまい、くたびれたタイツを履いて出かけたある日。


駅で電車を待っていたら、とても素敵な女性が通りすがりにちらっとこちらを見たのです。


しかも、見られたのは、足元。


一番隠したい、くたびれたタイツを見られました…。




もうすぐ春だし、今から買い足すのも中途半端。


だから、あと数回履いて処分しようと思っていた、そんなタイツ。

(数回も?と笑わないでね)



くたびれオーラ全開だったとは思うけれど、やっぱり見る人が見るのはそこなんだ、と一人納得しながらも、恥ずかしくなりました…。




私は多くのものを持ちたくないタイプです。


そして、人前で堂々としていられないのも嫌なので、状態が悪くなったものは「不要」となるのです。


今回は、その基準が緩んでしまった結果ですね。



ものを持つうえで、自分の基準は大事です。


それが、他人やテレビ、本、雑誌など、自分以外の基準に無理やり合わせようとすると、パンクすることがありますよ。



ものが多くてパンク!



ということもあれば、どうしていいのか分からなくなって、



自分の頭の中がパンク!


することもあるのです。




パンクは、しっかりとケアをしなければ大変です。


もののパンクと頭の中のパンクは、ライフオーガナイザーにご相談くださいね




ひとまずはセルフケアから…という方、無料メール講座をどうぞ。


ライフオーガナイズに興味が出たら

 受講生が1500名を超えました!

【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩


【ライフオーガナイザー2級認定講座】

【山梨(甲府)】

3月14日(土)

詳細・お申込みはこちら


【東京(品川)】

3月16日(月)

詳細・お申込みはこちら


【宮城(仙台)】

3月25日(水)

詳細・お申込みはこちら



ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |