「恵方巻き(えほうまき)」は英語で? - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「恵方巻き(えほうまき)」は英語で?

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般

Hello everyone!

今日は「節分(せつぶん/setsubun)」です。

"Setsubun literally means "seasonal division". It is the day before the first day of spring according to the lunar calendar."

去年にも増して、今年の恵方巻き商戦はものすごいですね!!
今朝、デパートに立ち寄ったら、どの店も「これ?売り切れるのだろうか??」というくらい大量の恵方巻きを準備していました。

初めて恵方巻きの存在を知ったのは、ほんの10年前、それも日本に来たばかりの外国人の生徒さんから教わりました

関西では、みなさん結構昔から恵方巻きを食べる習慣があるようですが、最近では東京でもずいぶんと定着して来たようです。元は、大阪の花街から生まれた文化であるとか、大阪の海苔商人が販売促進を目論んで商戦を始めたとか、、、色々な言い伝えがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう??

では、この「恵方巻き」は、英語では何と言うのでしょうか?

以前のThe Japan Timesの記事を参考にしてみました。

Each person takes an uncut *fat sushi roll, *faces the ehō or lucky direction (this changes annually; this year it's west-southwest), and eats the whole roll in silence. This is supposed to bring good luck to that person for the rest of the year.
(カットしていない太巻きを手に取り、恵方あるいは幸運の方角(これは毎年変わる。今年は西南西)を向いて黙って一本全部食べる。これをすると、その一年、その人に幸運がもたらされると言われている)

*fat sushi roll:「太巻き」
*face:「(~の方向に)向いている;直面する」 cf. faceは「顔」以外にもこのように動詞としても使います。

と言うことで、日本特有のものを説明する場合には、ひと言では言い表せないので、説明が必要になってきますね。

昨日、友人が差し入れてくれたのですが、この恵方巻き、縁が切れてしまうということで切ってはいけないそうです。でも、食べきれませんので切り分けてから食べました^^;


Thanks N-chan!!


 |  コラム一覧 |