人間は少し負荷がかかるくらいが、ちょうどいい - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人間は少し負荷がかかるくらいが、ちょうどいい

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
今、視力回復トレーニングを続けています。

日常生活は裸眼で行動することが多くなりました。

パソコンは、まだ乱視のせいで眼鏡をかけていますが
乱視も収束しはじめました。

ちなみに、視力回復といっても、やっていることはいろいろあって
・五本指ソックスでの生活
・視力回復トレーニングソフト
・眼球を緩める独自商品
・見る意識を変える
こういったことを続けることで、視力や姿勢の改善などが
総合的に改善しています。

背が伸びるのは避けたいのですが、1㎝以上伸びています。
地下鉄の吊り広告に完全に頭が当たってしまうように
なってしまいました。

これに気功のトレーニングが入ってくるので、
かなりたくさんのことをやっています。

つくづく思うのが、
「体を楽な状態にし過ぎると堕落する。」
ということです。

歩けば足の筋力はつくし、良い姿勢を保っていれば
座っているだけで筋トレになります。

座禅などは、腰回りの筋力トレーニングになります。
体に良い座り方をするために学ばないといけませんが。

背もたれにもたれかかって筋力を使わなくなれば
腹はたるみますし、腰も痛くなります。

歩くのが危ないからと車いすに座らせれば、やがて
歩けなくなり、車いす生活になります。

西洋医学のやり方は、
体を怠惰にさせる方向への手助け
が多いので、私はなるべく関わらないようにしています。

常に軽く負荷がかかっているくらいが、人間の体の機能を保つ上では
ちょうどいいのだと思います。

もちろん、負荷をどれくらいかけるかというのが
難しいですけどね。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。