社会的手抜き。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんにちは。

いよいよ、2015年も本格的に始まりましたね。
スタートダッシュ、決めたいですよね。



お正月にたまたま見ていたテレビで、心理学実験を
していました。

そこで学んだのがこれ。

「社会的手抜き」

「社会的さぼり」

をー、そんなのがあるのですね。

リンゲルマン効果とも呼びます。

でも、内容としては直感的にわかるものです。

ひとりでやったときよりも、みんなでやったときのほうが
力が入らない、という心理です。

ひとりで綱引きしているときの力よりも、5人で
綱引きしている場合には、約半分の力しか入れない、
という実験結果もあります。。。

理由は、いくつかあって、
・みんなで聞いているから、誰かやってくれるかな。
・まわりがこれくらいしかやってないから、自分もいいや。
といった心理が働きます。

なるほど。。。

プロマネだったり、チームリーダだったりすると、
すごく大切にしておかないといけない心理ですよね。

メンバーに仕事を依頼するときにでも、時々は、
全員に、でも、時々は、ひとりずつに来てもらって、
ちゃんと説明する、意見を聞く。

そうした、使い分けによって、メンバーの力を
100%、120%引き出す、ということに使えます。

また、書きます。
 |  コラム一覧 |