◆スタンダード - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
石田 美弥子
石田 美弥子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!



ふと、自分が親に似てきたな、と思うことがあります。


表情やしぐさ、口ぐせなど、見聞きできることばかりではなく、考え方や状況、対応の仕方などまでも。




でも、それは当然のことなのだそうです。


子どもにとっては自分が育った環境が標準。


そこから「違い」を理解しながら成長するするとのこと。



子どもの頃から、実家ではお風呂から出た後は裸のままリビングに来て、そこで着替えていたから、結婚してもそのままで、今ではお年頃のお嬢さんまで同じことをしている、とある方の驚きの発言で、去年の忘年会が盛り上がったりもしました。



両親ともにお米が好きではなく、主食はパンか麺類のみ、というこれまた驚きの食生活が「標準的」だと思っていた方もいました。


結婚して何より驚いたことが、こんなにご飯を食べる人がいるんだ、ということだったそうですよ。




子どもにとってのスタンダードは、親が作っているとも言えますね。


何を当たり前と思うか。


そして、意識をしていなくても、それが当然と植え付けてしまう可能性もあるのです。


考え方や価値観のものさしができるのですね。





散らかった部屋は、学校から帰ったらお母さんが片づけてくれている。


お客さんが来るときは、床にあるものを隣の部屋に押し込んでおけばいい。


オマケでもらえるものは、とりあえず何でももらっておいた方がいい。




子どもにとってのスタンダード、どんどんインプットされていますよ!


そうなる前に、ぜひ。


ライフオーガナイズに興味が出たら

 受講生が1500名を超えました!
【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩


【ライフオーガナイザー2級認定講座】

●東京(渋谷ヒカリエ) 2015年1月14日(水)

  詳細・お申し込み

●盛岡(アイーナ盛岡) 2015年1月22日(木)
 
詳細・お申し込み


ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |