隆鼻プロテーゼと眉間プロテーゼの関係性 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

隆鼻プロテーゼと眉間プロテーゼの関係性

- good

眉間プロテーゼを挿入することで、
隆鼻プロテーゼを下へ下へと下げる効果があります。

鼻根部分が上に行きますので、短い鼻を長くする効果があります。

眉間を出しすぎてしまいますと、
整形した鼻!と大きくわかってしまう
ことになります。

鼻尖部、鼻背部、鼻根部それぞれの形を考えて行うことは
非常に大切なことですので、お気をつけください。

また、バランスを崩してしまいますと不自然になってしまいます。

顔に人工物をできるだけ入れたくないという方のお考えも分りますが、
眉間の無い状態のお顔もまたリスクだと思います。

リスクとして、シリコンプロテーゼは拘縮が起こりますので、
皮膚感を硬く、将来的にも圧迫でプロテーゼが浮き出てくる原因となります。

そしてこれが強くなってきた際には抜去しなければなりません。

なので、拘縮が起こらないタイプの隆鼻術を選択される事をお薦めいたします。
95%のクリニックは拘縮を引き起こすプロテーゼを使っているのが現状です。

眉間プロテーゼの美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |