人達道その2 思いやり - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年04月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人達道その2 思いやり

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう

クリスマスも過ぎて。
楽しい気分は、そのまま、今日の女子ランチ会へ引き継ぎます。
わくわく、うきうき。いくつになっても、心地よい気持ちは嬉しいものです。

さてさて。今日の人生の達人目指すLessonは・・・

「思いやり」についてです。

「愛」という言葉の置き換えではありません。

思いやるということは、相手の喜びや幸せ。
悲しみや辛さを想像し、
共に味わい、時に慰め、時に叱咤し、
時に励ますということですが、

その想像に不可欠なものが「愛」でしょう。

日本人は、「愛」という言葉に、
テレや、胡散臭さを言う人もありますが。
愛って、だれでも心の底にしっかり持っているもので、
隠しようもないものです。

ただ。人生いろいろで。
「愛」を感じられないような、厳しい時間を過ごすうちに、
自分の中にも、家族の中にも。

ましてや他人さまの中にもあるということに、気づかないフリをしてしまうことはあります。

そのほうが、自分が報われない状況を受け入れやすいからでしょう。
でも、たとえ、無理難題を言ってくる相手であったとしても、
わざわざ、キツイこと、つまらないことを言ってくれて、

わたしがどう乗り越えるかを試すような。
荒っぽいやり方で、人格磨きをさせてくれるんだと思うゆとりさえできれば。
相手の中にある「愛」も、受け入れざるを得なくなると思います。

これが、まさしく「おもいやり」です。

思いやりという言葉は、どこか、あったかさを感じさせるし、
形でいえば、まぁるく、軽さでいえば、ほんわり軽いイメージかもしれません。

でも。思いやりって、思う気持ちを尽くす(思いきる)ことだから、
温かくなくて、冷たい時も、厳しい時もあるわけです。

要は、相手のためにと、相手のことを思いきることなら、すべてが「思いやり」なのです。

恥をかいても仕方がないような。教養のなさや自分勝手な行動を、
思い切って指摘してくれる人生の達人たちに磨かれて。
わたしは、

今日を生きることが楽しい。

その時は、くそ~~って思うし、
その時は、しばらくその人と距離を置いて会おうともしない。

だけど、今、感謝すべきは、
その厳しさのおかげで、その思いやりのおかげで、
わたしは、世間をなめてかからなくなったし、
堂々と自分を信じて仕事に取り組めるし。
友人たちにも恵まれている。

人生の達人になるということは、
人格を磨き、品格を伴い、教養を高めること。
自分を信じる力を上げ、
自分を肯定する自分を作り上げ、
自分は重要な人であるという信念をもって、
自分のため、人のために生きることを楽しむということ。

さて。今日の女子会では、どんなおもてなし、おもいやりの時間をつくることができるか?
自分磨きが待ち遠しい朝です。

おもいやるには、「愛」と「尽くす」心が不可欠です。
ぜひぜひ、皆さま、心をまぁるくして、取り組んでみてくださいね!

今日も一日。すてきな時間になりますように。





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

妄想力!発動させましょう(2017/02/25 18:02)