会社員公務員でもスーツ代が経費で落ちるかも - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社員公務員でもスーツ代が経費で落ちるかも

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般


メリークリスマス!ですね。
会社員公務員の課税については今年から「特定支出控除」の対象が広がりました。
特定支出控除とは、通勤費、引越代、資格取得費、衣服費、交際費等が給与所得控除の半分を超えると、その分を控除できるというものです。
例えば仕事のための資格を取るのに専門学校へ行ったならば、その資格取得費が経費として認められます。また会社が認めさえすればスーツ代も経費になる場合があります。場合によっては接待交際費を自腹でした場合も経費で落とせることがあるのです。
税金は「知って得する知らなければ損する」ということが沢山あるのでこれからもしっかりと税金について把握しておきましょう。
私もしっかりと税金の情報をお伝えしていきます  
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「ふるさと納税、過去最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/07/21 11:38)

相続税の対象者が増えました 川口 幸子 - ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ(2017/05/13 16:41)

消費税について考えてみましょう 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/30 18:04)

「税金の無駄遣い 1568億円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/11/15 23:23)

「公益法人 源泉所得税82%徴収漏れ!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/07/17 12:41)