種類によって変わってくるシリコンプロテーゼのリスク - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

種類によって変わってくるシリコンプロテーゼのリスク

- good

豊胸バッグを行う方は多いのですが、
それなりに失敗してしまう方もいらっしゃるのが現状です。

シリコンプロテーゼの主なリスクをご紹介します。

液状シリコン(スムースタイプ)
生理食塩水(スムースタイプ)

バッグの破損・シリコンの露出・炎症・カプセル拘縮・リップリング…etc

コヒーシブシリコン(テクスチャードタイプ)
ソフトコヒーシブシリコン(テクスチャードタイプ)

谷間が寄らない・バストが動かない・カプセル拘縮…etc

以上のようなリスクがございます。
見てわかると思いますが、種類も様々なのです。

現在でもシリコンバッグは改良が重ねられているために、
リスクが低くなってきていると思われがちです。

しかし、やはりリスクは無くならないものです。
豊胸シリコンバッグにもリスクはつき物です。

これを回避するには医師の技術が重要なのです。

シリコンバッグ豊胸の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |