Ω やめた方が良いだろう、そんな相手との頑張り方 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年05月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Ω やめた方が良いだろう、そんな相手との頑張り方

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
────────────────────────────────────

     日本一、至れり尽くせり の マーチン先生の結婚紹介所

 11月20日現在、休会者(結婚を見据えた正式交際開始)が2名おられます!
       男性1名、女性1名。女性は40歳の方です。←すごい!

  ご興味頂けましたら年齢を気にせずに、ぜひ無料説明会にお越し下さい。
   お申込み >> http://www.martin.ne.jp/counseling/marriage.htm
────────────────────────────────────

Ω やめた方が良いだろう、そんな相手との頑張り方

はい、幸せになるためには「好きになっていい人を好きになること」が大切です、
と僕はよくお伝えしています。しかし……あまりお勧めできない相手との恋を
頑張りたい、というお話もやはり届きます。

そこで、今回は「やめた方が良いけれど」というお相手との頑張り方について
考えてみたいと思います。まず、こちらのご相談をご覧ください。


<メール>-------------------------------

こんばんは、26歳の愛と申します。
付き合って1ヶ月になる38歳の彼とのことで、よろしくお願いいたします。

会社社長の彼は毎日忙しく、連絡もほとんどとっていません。
付き合う前は毎日メールをしており、返信も早かったです。

しかし、付き合った途端、連絡はほぼなし。会うのもこの1ヶ月で2回ほどです。
会うと「もっとわがまま言っていいよ」など、言われるのですが、忙しく働いて
いる彼にわがままを言えません。12歳も年上と付き合うのが初めてで、
どのようにお付き合いを進めたらよいか、本当にわからないです。

私は、結婚も意識しています。付き合う前に「私はお年頃なので、将来のことを
多少は考えている」と伝えたところ、「そんな軽い気持ちで、付き合って欲しいと
言ったわけじゃない」と言われ少しほっとしていたのですが……。

会う約束をしていても、仕事が入ったとキャンセルになったり、
付き合う前は「毎日少しでも会いたい」と言っていたのですが、
そんなことを言っていたのが別人のようです。

彼は実家暮らしで、実家も裕福な家庭のようです。
また、女性と一緒に寝るのが得意ではないらしくお泊まりなどもありません。
マーチン先生の仰るありがとう法も、会ったり連絡も取らないでは、
どう行動したらよいのか迷っています。

ただひたすら毎日悩み、気持ちが沈んでばかりで、マーチン先生に怒られてしまい
そうです。年上社長の男性との付き合い方について、アドバイスを頂きたいです。
よろしくお願いいたします。

<メール、ここまで>---------------------------

はい、いかがでしたでしょうか。

> 気持ちが沈んでばかりで、マーチン先生に怒られてしまいそうです。

いやー、そんなことで怒ったりしませんよ~☆
それよりも「愛ちゃんの現状認識がズレている」ことが問題だと感じました。

例えば、病気の診察で言うと誤診している状態です。
では、正しい現状は何なのか? それを、まず考えてみて頂けたらと思います。

はい、ではスタート!











それでは、参りましょう!


◆ このセリフの裏の心理 ◆

はい、今回は正解の前に少し別のお話を☆
彼のこのセリフにご注目!

> 「そんな軽い気持ちで、付き合って欲しいと言ったわけじゃない」

このセリフの「裏の心理」、わかりますかっ!?
男性諸君はわかりやすいかな? と思いますが、女性はほぼわからないと思います、

なので、こうして問題提起!
改めて聞かれて考えてみたら……さあ、どうでしょうか?
ジャンケンの後出しみたいですが、「お二人の現状」がヒントになりますよ。

はいっ! では考えてみましょう。











このセリフの裏にあるのは、こういう気持ちです。

「そんな軽い気持ちで、付き合って欲しいと言ったわけじゃない。
 だけど、そこまで考えているわけでもない」

がーん……でも、そうなのです。
また、こういった問答はよくありますので「パターン」を知っておくと、
すぐに気づけるようになります。他の事例でと、次のようなものがあります。

<1>
結婚に関することを聞かれて、
「結婚のこと、考えていないわけじゃない」

→考えていないわけじゃないけど、考えているわけでもない。

<2>
「遊びなら、そう言って欲しい」
「遊びだと思ったことはない」

→遊びだと思ったことはないが、本気だというわけでもない。

<3>
「他に好きな人がいるの?」
「そんなことはない」

→他に好きな人はいないが、キミを好きなわけでもない。


このような感じです。一言でまとめるなら、

「ある質問をされたときに、最悪を否定する回答をする場合」です。

こういうときは、「最悪でもないけれど、あなたが望んでいる状況でもない」と
いうのが、本音であることが多いのです。上記、順に理想的な回答を言いますと、
このようになります。

<1>「考えてるよ。式は○○頃に…」等、本当に考えていたことが口に出る。
<2>「遊びじゃない!俺は本気だ」等、遊びを否定するのではなく本気と言う。
<3>「いないよ。俺が好きなのはキミだ」等、あなたが好きという表現が出る。


「騙そう、ウソをつこう」と準備していない限り、基本、相手の口から
出てくるのは本音です。そして、人はウソをつくのが苦手なのです。


これは万人共通ですのでこのルールを把握しておくと、
相手の本音が読み取り易くなるのです。


◆ 同様の事例を見てみよう ◆

そういえば、先日こんなお話もありました。

ある女性Aさん(34歳)が、飲み会で男性(35歳)に知り合いました。
女性が新潟、男性が東京に住んでおり、彼は出張でAさんの街に来ており、
そこで知り合ったのです。話をすると、男性は月に2回は出張があると言い、
その10日後二人はまた会いました。

このときAさんは彼のホテルに一緒に泊まり、彼にエッチを求められたのですが、
「まだ早いから……」と断りエッチはしませんでした。

「じゃあ、泊まるなーっ」というのが僕の意見ですが、それは置いといて☆

その翌日、ブランチを食べながら彼に言いました。

「ねえ……?」

「うん?」

「あのね……私も東京に会いに行くから、お付き合いしよ?」

「……そうだねぇ……」

「…………」 ←彼を見守っているAさん

「でも、俺、話したと思うけど、年始に会社立ち上げるんだよね。
 だから、会うのが難しくなると思うんだ」


これを聞いて、皆さん、彼の本音が「すぐ」わかりましたか?
わからなかった人は、もう一度、上記の話を読み返してみましょう!

わかった人は、↓↓続きをどうぞ☆

ここで、僕はAさんにすぐ伝えました。

「ええっ? なんですか、それ。
 それって、結局エッチしてても言うことは同じですよね?」

この「エッチしていても、言うことは同じになる」という部分に気づくことが
ポイントです。ここに気づけたら、彼の心理が一発でお見通しになるのです。

「あっ……そうですよね」

「つまり、付き合うつもりはないけど、エッチしたかっただけじゃないですか」


ほとんど似たような事例で、こんな話もありました。
こちらはエッチした後に、彼に「ちゃんと付き合って欲しい」と伝えたのです。
そうしたら「今は仕事が一番、恋愛は優先順位が低いから」と言われたのです。

これも、エッチした相手に向かってこのように言う時点で、
「付き合うつもりはない」と言っているのと同じになるのです。

……こういう人の優先順位は エッチ > 仕事 >>> 恋愛 なのでしょうね。


◆ 共通点を探そう ◆

これらのご相談の共通点は、このようになっています。

・愛ちゃんは、毎日忙しい、年上社長の男性との付き合い方を教えて下さい。

・次の事例は、会社を立ち上げようとしている、忙しい男性との付き合い方を
 教えて下さい。

・3つめの事例は、仕事が一番で、恋愛の優先順位が低い男性との付き合い方を
 教えて下さい。


どれも全て同じように「現状認識がズレている」となってしまい、

正しい現状とは、「脈がない男性との付き合い方、頑張り方」となるのです。

うわーっ☆ ききき厳しい意見ですみませんーっ。
これが、冒頭にあった問題の答えになります。

さて、こういう場合に頑張るには、見極めないといけない点が1つあります。
それは、「相手が人として向き合ってくれているか、どうか」です。
その視点で考えると、今回の3つはどれも「向き合ってくれていない」と
なってしまうので、素直な意見は「あきらめた方が良い」となるのです。
(人として向き合ってくれていないと、何をしても空回りするからです)

ちなみに「向き合ってくれていない」と判断する理由は、次の点です。
愛ちゃんの場合は、付き合う前、というかエッチする前は毎日連絡をくれていた
こと、つまり「やろうと思えばできる」ことを、今は全くしてくれていない。
(彼の仕事が忙しいのは、初めから同じです)

更に、付き合う前は「毎日少しでも会いたい」と言っていたなど、
エッチする前と後で言動が大きく変わっていることから、残念ながらエッチ目的
だったのか、エッチしてから気持ちが冷めたのかのいずれかとなります。

2つ目の事例は、手を出そうとしておきながら、翌日に付き合おうと言われた際に
「年始に会社立ち上げるから、会うのが難しくなる」と言いました。この時点で、
「初めから、付き合うつもりがなかったことが確定」となり、とても人として向き
合ってくれているとは言えないわけです。また、3つ目の事例も、これと全く同じ
になります。

ご覧の皆さんも、他人のお話でしたら「そうだよね」とご納得頂けると思います。
大事なことは、これを自分の時に「こそ」、そう判断できることなのです。


◆ 頑張るとするならば? ◆

では、「あきらめた方が良い」という、一般的な意見はわかった上で、
それでも頑張りたいとするなら、どうしたらいいかを考えてみます。

結論から申し上げますと「徹底的に都合のいい女になりきること」だと思います。
なぜかと言いますと……

僕が「やめた方が良い」とする男性には、2つのタイプがあります。
1つは、堂々と何人もの女性と付き合っていて「嫌ならお前出ていけ」といった
雰囲気で接するタイプ。もう1つは、今回の3例のように「エッチはしたいけれど
付き合うつもりはない」というタイプです。

違い、わかりますでしょうか?
前者は「女はみんな、俺のもの」という感じでハーレムを作ろうとするタイプで、
後者は「エッチしたらもういいや。あとは面倒くさい」というタイプなのです。

でっ!!

これまで、少ないながらも成功事例が出ているのは、ハーレムタイプなのです。

これ、過去の相談事例を見直していて気づきました。 ←真面目に発見です!

そこで、この2つの「交際する上での違いは何か?」を探してみます。
すると、前者は放っておいても「定期的に会える関係」であるのに対して、
後者は、とにかく会えない。連絡もなかなか取れないことに気づきました。

ということは……つまり。
後者の場合でも、「会える関係」や「ちゃんと連絡が取れる関係」になったら、
ハーレムタイプと同じ状況になるわけです。そうすることが突破口ではないかと。

では、やり捨てタイプ……うわあ、この表現イヤですね~っ! でもその通りだ☆
このタイプと、どう接したら「会える関係」「連絡が取れる関係」になるのか?
……と考えますと、

「会いたいときに会えたらいい」という願望を、実現することだと思います。

これがつまり、「徹底的に、都合のいい女になりきること」なのです。
では、「具体的にはどうしたらいいのか」を考えると、次のようになります。

・基本、自分からのメール(LINE)は10日に1回程度。
 彼からメールがくれば、普通になるべく早めに返事をする。
 わざと遅くしたりはしない。つまり、カケヒキはしない。 ←これ、大事です。

・会えたら笑顔で一切のグチを言わず「久しぶりに会えて嬉しい」「呼んで
 もらって嬉しい」などを伝える。もちろん、エッチも喜んで応じる。

・「どうしたいの?」「どういうつもりなの?」といった話は一切しない。

・彼から「会おう」と誘われるのを待ち、原則、自分からは誘わない。
 但し、1ヶ月放置されたら、月に1度は自分から提案して誘う。
 「会いたい」などはNGで、「土曜日、ご飯食べに来ない?(^^)」など。

・ありがとう法はしないこと。軽い差し入れ程度に留める。
 真剣に考えて実行するネタは、相手が向き合ってくれてからスタート。


このような感じです。
こういった接し方に統一することで、会えるようになる可能性が増すと思います。
また、相談事例の失敗では、向き合ってくれていないのに「ありがとう法」を
することが見受けられます。ありがとう法は「人として、向き合ってくれている
こと」が前提ですので、やり捨てタイプにはマッチしません。

相手が向き合ってくれる、つまり、こちらがしたことを
「人として、受け止めてくれる」ようになってから、実行するようにしましょう。

→ハーレムタイプへのありがとう法は、基本OKです。
 1~2度実際にやってみて判断しましょう。


…………。


厳しい恋は、どのように頑張っても厳しいです。
コツとしては、今回も「北風と太陽」だと思いました。

以前、結婚を意識してもらうには、「結婚して!」と言うのではなく、
「ありがとう。君は本当にいい女だ」と言ってもらえるように頑張るという
お話で「北風と太陽」に似ていますね、という例えをしました。

向き合ってくれていない男性に頑張るのも、ある意味同じで、
この場合は「ありがとう法」をやってしまうと「北風」になるのです。
これはつまり、「こっち向いてよ!」と強引にしている感じなのでしょう。

こういう男性にとっての太陽は、「したいようにさせること」になるわけです。
なので、徹底的に相手に合わせるのが良いわけです。


……お勧めはしないのですがっ! ←やっぱり、それが本音だネ。

こういうお相手に頑張るならば、参考にして頂けたらと思います☆

                  written by Martin 2014.11.20


●このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUM。
まぐまぐ「恋愛・結婚」カテゴリ、有料メルマガ 1位~2位!(週により変動)


 毎週、4~5つのコンテンツでお届けしています。
 1か月分、毎週火曜日発行(第5週目はお休み) 税込540円です。
 ご購読の初月は無料でご覧になれます。

お申し込みは すぐできます!

●まぐまぐ(有料メルマガ)を「初めてご利用の方」
 こちらから、無料会員登録とメルマガ購読仮登録を同時に行ってください。
 https://mypage.mag2.com/entry/UserRegistTerms.do

●既にまぐまぐ(有料メルマガ)をご利用の方
 こちらから、マーチン先生の恋愛教室PREMIUMをご登録下さい。
 http://www.mag2.com/m/P0000272.html
               ▼
               ▼
どちらの場合も、すぐ登録されたメールアドレスに
「購読仮登録完了のメール」が届きます。そのメールから本登録をして完了! 
月の半ばでお申し込み頂いた場合は、当月分のバックナンバーが即時届きます。

※クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振込みでもご購読頂けます。
 office@martin.ne.jp まで「PREMIUM定期購読希望」としてお送り下さい。

皆様のご登録をお待ちしております。

────────────────────────────────────

○マーチンに直接会って相談したい人、電話やメールで相談をご希望の方。
 http://www.martin.ne.jp/counseling/

○無料相談掲示板「悩みの足跡」
 http://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 
 初めての方は、こちらから会員登録をしてご利用下さい。
 http://www.martin.ne.jp/gatex/touroku.htm

────────────────────────────────────
■発 行  マーチン先生の恋愛教室 http://www.martin.ne.jp/
■著 者  恋愛相談師マーチン

┌──┐   hope your Mail…
│\/│  owner@martin.ne.jp
└──┘
Copyright (C) Since 2000 Martin's Love School All rights reserved.
────────────────────────────────────
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。