Vol.2 リスクヘッジ - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 正典
スタイルグループ 代表取締役
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2020年09月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Vol.2 リスクヘッジ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産業界の今とこれから
今も昔も、自分の建てた家や買った家の売主や施工主が、万一倒産でもして

しまったら・・・ そんな不安はあるものです。

何故なら、家の保証が無くなるからです。


2000年4月 画期的な法律「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行

されました。

そうです、皆様良くご存知の「10年保証」というものです。

では、その法律施行後に倒産したらどうなるのか?

そこで保証は終ります。。。

えっ?そんな法律って!  しかし、それが事実です。


では、どうやってそんなリスクをヘッジすればいいのか?

そこで登場するのは「第三者保証機関」です。

所謂、自分で建てたり売ったりしない、純粋に保証だけをしてくれる会社です。

それらの会社は、自分が保証する訳ですから、検査も必要以上に自分達で行い

ます。 但し、実際に補修が必要な場合、その金額の8割迄といった若干の制限

はありますが。


兎に角、家探しをする中では「この家は第三者保証が付いてますか?」こう聞い

てみる事が重要です。

次回は、来年登場する更なるリスクヘッジをお知らせします。



ご参考になりましたでしょうか?

この御縁が、皆様のお役に立てる事をお祈りしています。



       株式会社エスケーホームプロパティ
           代表取締役 高橋 正典

        家を通して考えるライフデザイン

       夢を現実へ〜西新宿で働く経営者のブログ〜