術後の仕上がりが全くの別人?口唇縮小術 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

術後の仕上がりが全くの別人?口唇縮小術

- good

口唇縮小術の仕上がりですが、
唇の厚さが全く改善されなかったという方もいらっしゃいます。

切開をしても厚さが改善されなかったのは、
医師のしっかりと余分な組織を除去して無いためです。

余分な組織をちゃんと除去することが
綺麗に仕上がることに繋がってくるのです。

また、神経を傷つけてしまいますと、
痺れがなくならなかったり、感覚が麻痺してしまうことがあります。

術後まもなく改善はされると思いますが、
神経の損傷がひどい場合には、改善されないでしょう。

これも厚さの改善と同じく、
医師の技術の問題が大きく関係してきます。

医師の技術力が大変必要なのがわかったでしょうか?

美容整形はそう簡単なものではありません。
確実に綺麗にならない場合も大きく考えられます。

医師の技術をしっかりとご確認ください。

口唇縮小の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |