資格を活用している人は、「自己効用感」が高い!~資格と職場でのメンタルについての調査結果 3 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

『稼げる資格』 資格専門誌『稼げる資格』編集長
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
上田 信一郎
上田 信一郎
(キャリアカウンセラー)
葉玉 義則
葉玉 義則
(キャリアカウンセラー)
竹内 和美
(研修講師)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資格を活用している人は、「自己効用感」が高い!~資格と職場でのメンタルについての調査結果 3

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般

もう一件、
大きな違いが出ているデータをご紹介します。

Q 「自分は、社会や誰かのために役に立っていると思いますか?」

資格を活用している人・・・・・「思う」「どちらかといえば思う」 78%
資格を活用していない人・・・「思う」「どちらかといえば思う」 49%
資格を持っていない人・・・・・「思う」「どちらかといえば思う」 31%

自分が社会や誰かのための役に立っていると思えることを「自己効用感」といいます。
自分の価値を高く感じれるかどうか。
この自己効用感も、
ストレスを軽減し、
メンタルのリスクを小さくするのに大きな役割を果たします。

同じ仕事をして、同じようにプレッシャーを感じたり、同じように筋肉が疲労したとしても
その仕事の意味がわかっているときと、
それが何のためになってるかわからない時とでは
メンタルの疲れ方が全然違います。

目的のわからない作業からは充実感が得られず、繰り返していくことは難しい。
意義が見えていれば、前向きな気持ちでいられます。
疲労からの回復も違います。

資格の勉強の過程では、
その資格で判定される知識や技術が世の中でどんな役割を果たしているのかも
合わせて学びます。
また、それがわかっていなければ、なかなか勉強もはかどらない。

この視野の広がりは、仕事を進めるうえで大きく役立つのです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
『稼げる資格』 資格専門誌『稼げる資格』編集長

働く個人の側に立ち、資格や学びを活用したキャリアづくりを提案

現在編集長をしている資格や大学院の専門誌をはじめ、就職、転職、U・Iターン、進学とこれまで一貫して個人のキャリアを提案するメディアを作ってきました。過去取り扱った2000人以上に上るライフヒストリーを元に、リアリティのある情報を提供します。