11月度障害者支援委員会 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

11月度障害者支援委員会

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

昨日は社会福祉士会の障害者支援委員会へ参加してまいりました。

今年のテーマは「発達障がい」ということで、身体障がいについては知っていても知的分野の知識に乏しい私としては、毎回勉強させて頂いております。


今回はADHDにおいて、コミュニケーションを練習するツールがあると教えて頂きました。






国際福祉機器展などでも思うのですが、福祉用具は障がいをお持ちの方が使用される「専用」のものでなく、健常者も一緒に使える(具合の悪いときなど)ユニバーサルなものであるべきだと感じます。


エボラ出血のワクチン薬が発症率の少なさから作られなかったというくだりは、車椅子使用者が少ないからバリアフリー化が進まない状況に似ていると思います。


もし、国民の半数が使用していたら・・・??


このカードゲームも自閉症をお持ちの方のトレーニングツールとして捉えるのではなく、健常者もコミュニケーションの練習として使用されると、会話においての共通認識が生まれるのではと感じた一日でした(^^)





コミュニケーションカードゲーム ちょこっとチャット オレンジ版/サクセスベル













カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)