太陽光発電が節税にならない? - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

太陽光発電が節税にならない?

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

法人の節税として、太陽光発電がメジャーになっていますが、全額が損金となる他、その魅力は安定した買い取り価格にあります。


20年間ずっと定額で買い取ってくれるので、安定した収益になります。


しかし、この安定した買い取り価格のせいで、一部の電力会社が買い取りを中止すると発表しました。


当初から買い取り価格が高いことは知られていました。


誰もがいつまでもこのままのはずがないと思っていました。


今その時が来たということです。


太陽光を販売する会社も大きな影響を受けますが、節税用に買った太陽光発電設備が電力の買い取りができなくなるということは、電力会社との電力受給契約ができず、接続系統の工事が実施されないということです。


これでは、ただのパネルが陳列しているだけで、何の役にも立っていません。


グリーン投資税制の恩恵を受けるためには、事業の用に供していないと利用できません。


メガソーラーなどの大型になると計画から事業開始まで相当程度時間がかかりますが、改めて無リスクな投資などないということを実感した次第です。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

【急募 在宅ワーク求人】(2017/06/02 13:06)

【売り案件】調剤薬局(2017/02/23 19:02)