見える大切さ - 一般歯科・歯の治療全般 - 専門家プロファイル

院長
東京都
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
[虎ノ門] ブログ村キーワード




片平歯科医院虎ノ門”インプラント・矯正センターの片平です。


毎日多くの患者さんにお越し頂きありがとうございます。
そしてクリックありがとうございます)



台風18号19号と連続で大変週末が続きました。

台風一過で、神谷町も今日は朝から天気が回復しましたが、
明日は生憎の雨予報のようですね。


豊川稲荷のネコのチャーも元気でした。(最近は近づいても逃げません)



さて、
今、これなくしては診察できないとまで言われている、双眼ルーペ。オペの日以外も殆ど頭に乗っけています。
必要な倍率で使い分けており、それ以外はマイクロスコープを覗いていますので裸眼で見る機会が減ってきました。。





同じ写真が続いている?


いえいえ、第一助手が違うので、違う日の違うオペなのですが、
掛けているメガネと双眼ルーペEyeMagProの仕様が変わったんです。
(GC東京支店のA木さんが色々と相談に乗ってくださり、何回も医院でデモ品を見せて頂けました。本当にありがとうございます。)



新しい仕様は
focal distanceとmagnificationが違うんです・・・・。

えっ?どうしてかって?

きっかけはある患者さんからのご指摘でした。
「先生のメガネの・・・・ですか?」

実はメガネが合っていなかったんです。

私、本当にびっくりしました、そのご指摘に!
その患者さん、都内超有名病院・眼科のプロフェッショナルだったんです(驚)!

ちょうどその頃、実は診療以外の日常生活でどんどんモノが見えなくなってきていました。
「いよいよ老眼かな?」なんて思っていましたが、それ以外にも何か変だったんです。
いや、誰に相談して良いのかわからず困っていました。

でもその患者さんのおかげで、きちんと病院の眼科で詳細な検査も受けることができ、
異常も全くなく、ただしいお仕事用のメガネを作ることが出来ました。
N川さん、T井先生、本当にありがとうございます!
より快適に診療が出来るようになりました



メガネの変更に伴い、大変高額な双眼ルーペの仕様も変えなくてはfocal distanceが合わなくなり
ました・・・・・(汗)。





今年も来年度の求人募集を開始いたします。

業務拡大のため新しい仲間を募集します。
歯科医師、歯科衛生士および受付さんを募集しております。


歯科衛生士さんは4人の先輩DHがしっかりとていねいに指導いたしますので、
経験や技術は問いません。見学も随時大歓迎です。





☆★  おしらせ  ☆★
10月30日(木)~10月31日(金)、院長である私は日本歯科保存学会参加のため、休診とさせて頂きます。代わって、亀岡重雄先生青木香奈子先生が外来を担当致します。
これからも、よろしくお願い申し上げます。



なかなか予約が取りにくい状況が続いて申し訳ありません。
お困りの時は遠慮無くご連絡下さい。


☆★  お願い・お詫び  ☆★

 歯の悩みは患者さんご本人様にとって深刻なのは承知なのですが、
電話での無料相談などは、当院では行っておりません。
お電話で1時間近くお話しされるかたが、いらっしゃいますが、
受付・診療業務が止まり予約診療に支障がでてしまいます。
ご理解とご協力をお願いいたします。




 少ないスタッフと医師でやっておりますが、
なかなか予約の取りにくい状況が続き申し訳ありません。(ヒマなときもありますが・・・。)
本当に申し訳ありません

また、ご希望の時間帯によっては混雑が続き、
ご通院の患者さんにはご迷惑をおかけしております。
今後、改善できるよう、一層気を引き締めて業務にのぞみます。


予約状況は刻々と変わりますので、急なお痛みの場合は、お電話いただけますと大変助かります。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
お越しの際は、電話にてご連絡をいただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。。
片平歯科医院虎ノ門インプラント・矯正センター
Tel 03-3431-6090
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



こちらのランキングに参加中です♪
↓クリック↓してくださいね♪



にほんブログ村
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
院長

見えない根管をしっかり診る。基本に忠実な治療を心がけています

「何回も根の治療に通っているが、いつまで経っても治らなかった」、という声を聞きますが、どうしてでしょうか。 「確実な診断」と「感染を制御する清潔な治療環境の確保」を念頭に、将来再治療を行うことのないよう最大限の配慮をしています。