そこだけ見てもねえ - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「食べ物が危険です。」
という、専門家の人がいます。

「薬が危ない。」
という、専門家の人がいます。

「電磁波が危ない。」
という、専門家の人がいます。

確かに、それぞれの言い分は正しいと思うことがたくさんあります。

でも、そこだけ見て悪いと言われても、
じゃあほかの分野でも、同じように体に良くないことありますよね?

そっちはどうするつもりなんですか?

なんてことを思います。

例えば、食べ物の危険を訴える方が、電子機器大好きで、
スマホを一時も話さないで、ポケットに入れる人を見ると
「いや、スマホ使い過ぎも、スマホを体に身につけるのも体に悪いし。
というか、食べ物に気を使っても、スマホ使い過ぎて台無しですよ。」
と突っ込みを入れたくなります。

専門分野だけ気をつけていて、それ以外は全然だめなことをしていて
トータルで見たらマイナス、なんてことがあります。

なので、私は色々な分野の勉強はしていますが、
最終的には、自分の気の感覚という、自前のセンサーを使っています。

これ、便利なんですよ。

例えばこんな時、あなたはどう思いますか?

「無農薬栽培された野菜が地下のデパート売り場で、
ガラスの陳列棚に、ライトアップされておかれています。

果たしてこの野菜は、体に良いでしょうか?」

理由も含めて答えを考えてくださいね。






私の答えです。

自分の気をその野菜に向けて、センサーで測定します。
体に返ってくる反応に強い違和感があるかどうか調べます。

違和感が強い場合は、ダメな野菜と判定します。

違和感が弱めの場合、マイナスの要因を分析します。

化学物質?
電気?
霊?
念?

といったように、私が認識しているマイナスの気の種類を
特定していきます。

この判定で、霊や念といったものが反応したらダメな野菜と判定します。

化学物質と電気だったら、あとは違和感が弱ければ、食べることが可能の
野菜と判定します。

違和感がなくて、良い感覚が帰ってくる場合、プラスの野菜と判定します。

プラスの野菜判定が出れば、購入。

食べることが可能な場合、他の野菜と比べてやむを得なければ購入。

家に帰ってからも、自分の気を野菜に送りこんで、野菜の中にあるマイナスの気を
きれいにしてから食べます。

じゃあ、同じ野菜が他の店に売っていたら、迷わず買うかといえばノーです。

店全体の気がマイナスと判定されれば、そこでは何も買いません。

それ以外にも、皆さんが判定不能な部分を気の感覚を使って判定しています。

こんな観点でものを見ているので、体に悪いものを手にするリスクは
極限まで下げることができます。

ちなみに、電気製品などは電源が入っている間、マイナスの気が出るので
それを随時とるための方策をとっています。

こういった能力、便利だと思いませんか?

これは、先天的な生まれつきの能力ではありません。

きちんと手順を踏んで学べば、身に付くようになっています。

ご興味のある人は下記をご覧ください。

http://www.k-soken.com/category1/entry10.html









 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。