『超初心者の方でも音痴の方でも、カラオケ【イケメン】になる方法』 - ボーカルレッスン - 専門家プロファイル

SMDボーカル教室 川口本校 代表取締役
埼玉県
音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー
0120-9482-88
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
本山nackeyナオト
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『超初心者の方でも音痴の方でも、カラオケ【イケメン】になる方法』

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. ボーカルレッスン

本山nackeyナオトがお送りするメルマガ

     是非無料でご登録を

【カリスマ スーパーボーカリスト養成ボイトレ講座】

PC

スマホはこちら


【私の教材やセミナ、レッスンで伝えている
最も重要なもの、価値の高いものだけを
厳選して、メルマガでお届けします】

さらにブログでは伝えていない
様々なボイトレ方法や裏ネタを、
メルマガでこっそりお届けします

このメルマガを読むことで、
ボイストレーニングの全体像やメカニズムが、楽しく学べ、
その結果、驚く程「高音」が伸び「発声」が楽になります

メルマガに登録された方には、
1.販売予定の動画
2.他では絶対㊙の限定公開の動画
3.本山への無料メールコンサル

といったスペシャル情報と豪華特典がつきます





ある日の記事をご紹介↓




『超初心者の方でも音痴の方でも、カラオケ【イケメン】になる方法』


おはようございます。

本山です。



前回のスーパーボーカリストのなるための
キモの部分はいかがでした?

プロレベルの内容ですし
練習は必要ですが
かなりお役にたったのではないでしょうか。


スーパーボーカリストをめざす方は
今日はちょっとブレイクです。
(前回の練習をひき続きなさって下さいね。)



今回はやさしく誰にでもわかり
すぐに実践できる
内容でお送りします。


カラオケレベルであればすぐに楽しく歌えます。

初心者向けにかきましたが
プロの方も必見の内容ですので
肩の力を抜いてお楽しみ下さい。




そもそも私達は
何故カラオケに行くのでしょうか。


カラオケは数多くある
コミニュケーションツールのひとつです。



カラオケの目的は楽しくみんなでさわぐ
とか家族で楽しんだり
異性とデートで仲良くなるとかいう
ものですよね。



【カラオケを使って他人と関係を深める】

ポイントはここなのです。


『うまいかどうか?』などということは、
重要度でいうと、かなり下になります。




『歌が下手だからカラオケはちょっと・・・』
と敬遠しているのが
いかにずれたコンプレックスなのか
分かるのではないでしょうか?




歌に関してはたった3つのポイント

これさえクリアすることができれば
OKなのです。



『なるほど、うまさが重要じゃないってのは
分かりました・・・』


『でもやっぱり、楽しめないし、
思い切って歌いきれないし
ミスは気になっちゃいます』



わかりますわかります。。




でもその意識は本山に騙されたと思って
いったん捨てて下さい。



いきなり「答え」を発表します。


【視線を相手に向ける】だけです。

↑は超重要です。




これはこれからプロをめざす方に
1番伝えたい事でもあります。


BANDやアーティスト活動をしていて
アマチュアで終わる方々の全てが
自分目線なのです。


自己満足で「終了」なのです。
ここが分かれ目です。


プロの意識は常に自分ではありません。
相手(お客さん)の為にPLAYします。
相手(お客さん)の為に作品を作ります。


どんなプロでもそうです。

コックさんはお客さんの為に
美味しい料理を提供します。


どんな職業でも
相手(お客さん)の為に
サービスや商品を提供します。








カラオケも実は同じ意識が大切なのです。

【視線を相手に向ける】だけで
カラオケも楽しめるのです。


カラオケが不得意な方は
下記ポイント3つを実践するだけです。


【1】歌そのものではなく「カラオケ」を楽しむ。
【2】思い切って歌いきる。
【3】ミスや下手を気にしない。


僕のかつての教え子のK君は
(当時)歌は音痴というレベルでしたが
いい意味での鈍感さをもっていました。


だからどんどん「人前」で躊躇せず
歌います。カラオケを楽しみます。

【だからますます歌唱力がつきました】



でも、多くの方はK君ぐらいの歌唱力だと
なかなか思い切り楽しめないと思います。


先ほどお話しした3つのポイント


をクリアする為の最低限のカラオケスキル
をレクチャーします。





まずマインドに刻みつけて欲しいのが
他人はカラオケを通して、
『コミュニケーションを楽しみたい』
と思っているということです。





あなたに対して完璧な歌を求めて
カラオケにいっているわけではないのです。


できないことを楽しんでいる様子
結果のよしあしに関わらず
本気で楽しんだり、おもしろがったりしている感じ



これが出せればOKなのです。

そのような【感じが出せていれば良い】ということです。



さらに、カラオケ好きには怒られそうですが
そもそもカラオケは
『歌がたいしてうまくない人でも
それなりに気持ちよく歌える』
という機械です。



つまり、「ちょっとコツ」を押さえたら
かなりうまそうな感じになるということです。



雰囲気イケメンみたいなもので、
誰でもカラオケ雰囲気イケメンになれるのです。



◇下手にきこえる場合のよくあるパターン

カラオケが下手にきこえる方は
だいたい似たようなパターンです。


●声が小さい、またはガナッて歌う。
●歌い出すタイミングを間違える。その後のリズムもばらばら。
●音程が予想と違ってて思い切って歌えない
●歌に抑揚がない



これでは
カラオケに慣れていない感じ
カラオケを楽しめない感じ
になってしまいますよね。



次回はその、「ちょっとコツ」をレクチャーします。

お楽しみにっ!







 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
SMDボーカル教室 川口本校 代表取締役

プロボーカリスト養成25年の実績と信頼

プロボーカリスト、音楽プロデューサーボイストレーナー。音楽専門学校講師。ハードロックからアニソン、R&B、歌謡曲、幅広いジャンルに精通し数多くのボーカリストを養成。ボーカリストをディレクション。

0120-9482-88
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。