メディア選定が定まらない理由 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メディア選定が定まらない理由

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

この素材、この切り口なら絶対に報道されるはず!と思っていても、実際にメディア選定する際になかなか決められずに迷うことがあるのではないでしょうか?

また発表した、或いは取材依頼を出したにもかかわらず、報道が得られなかったケースでの反省点として、メディア選定が適切ではなかったということも挙げられるでしょう。

ではなぜメディア選定が適切ではない、或いは選定時の課題はなんなのでしょうか。

それは恐らく、訴求メッセージが明確にされておらず、多くの言いたいことが混在しているからではないでしょうか。

1つの広報素材でも、言いたいことや伝えたい相手などは多く存在します。それを全部表現すると解り辛く、また焦点が非常にぼやけます。結果、何が言いたいのかが解らなくなります。

メディアによっても興味を持つ内容、書ける切り口は違います。そのため何を言いたいのか、何がニュースなのかを研ぎ澄まし、それを誰に伝えたいかを明確にしたうえでメディア選定、記者選定を行う必要があるでしょう。

はやる気持ちは十分に理解できます。がしかし、客観的に冷静に判断するように心がけましょう!

クリックをお願いします!  












 |  コラム一覧 |