「自分らしさ」と「成長のスピード」 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表
東京都
ピラティスインストラクター
03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「自分らしさ」と「成長のスピード」

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン

 こんばんわ


今年は秋の訪れが早く


朝晩は肌寒いくらいですね



 まあ、これくらいの方がベッドに入るのが


気持ち良いので好きなのですが♪




 最近


「自分らしさ」といったものを


よく考えます



 スタジオでいえば


「きゃっとばっくらしさ」



 この「~らしさ」というのは


とっても大切で



 現在、高級コーヒーを打ち出して話題の


スターバックスも


2007年~2008年に


「スターバックスらしさ」を失い


業績が低迷したのは有名な話



 そして


「ありのままに 自分らしく生きる」


と言うと


なんだかステキな感じがしますし



 「マイペースに 自分らしく」


なんて言葉も


よく耳にしたりすると想います




 しかし


この「~らしさ」


気を付けないといけないのは


スタジオや企業などの場合


その「~らしさ」はお客様にとって


価値があるのかどうか?


ということだと想います



 もし、「~らしさ」に価値が無いのであれば


それはただの独りよがりの自己満足に


なりかねず



 また、個人においても


ありのままに自分らしく生きることは


素晴らしい事ですし


僕も自分の人生を生きたいと想いますが



 仕事における「成長のスピード」などを考えた場合


「マイペース」とか


「自分らしく」という言葉を


言い訳に使っていないかどうか?



 常に自分で自分に対して


健全な疑問を投げかけることが


大切なのではないでしょうか?



 例えば、ある一定の期間において


自分らしく、マイペースで努力をして


3の成長をしたとしても



 周りがその期間に10の成長をしたのであれば


相対的に言えば -7なんですよね



 その際の「私らしさ」は


プロとして果たして意味があるのかどうか?



 これがスタジオ経営で考えると


上記の様に


マイペースに、自分らしく経営をしていたら


潰れてしまいますからね



 多面的に考えながら


「自分らしさ」


「きゃっとばっくらしさ」


を追求して生きたいと想います





としお

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ピラティスインストラクター)
Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表

目指せ!!2か月で猫背改善

高性能な姿勢分析器と専門のトレーナーがあなたの骨盤や背骨、肩甲骨の歪みなどを確認し、あなたのカラダとココロに合わせたエクササイズを提案し、2か月で猫背の改善を目指します!!

03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。