マルチプルインジェクション法とは?② - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マルチプルインジェクション法とは?②

- good

定着率を高めるためには、血小板や成長因子を
除去してしまいますと下がってしまうために気をつけて行います。

成長因子を除去しないためには、
生理食塩水の洗浄は行わずにフィルターで手作業で行います。

脂肪細胞が空気に触れてしまいますと、感染を起こしてしまう可能性があります。
雑菌に触れないよう、専用の滅菌ディスポシリンジに密封します。

バストへの注入を行います。

乳線下にかにニューレを皮下や乳線周囲は注射針を使用し、
少しずつ丁寧に注入を行っていきます。

注入の際丁寧に注入を行いませんと、
しこりになってしまうなどのトラブルの原因になります。

体質などによっても変わってきますが、
だいたい50%程度が定着するといわれています。

豊胸手術出の失敗は多く
女性の方はコンプレックスを抱く場所でもあるでしょう。

名医をご選択になさり、失敗回避が大切です。

マルチプルインジェクション法の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |