眼瞼下垂で起こってしまう固定位置のズレや切開幅の失敗 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

眼瞼下垂で起こってしまう固定位置のズレや切開幅の失敗

- good

眼瞼下垂が原因なのに、眼瞼下垂と気づいていない方もいます。
肩こりや疲れなどを大きく感じる場合には関係しているかもしれません。

しかし、眼瞼下垂の治療を行って、
術後にトラブルが生じてしまうことがあります。

いわゆる”失敗”ということです。

眼瞼下垂のリスクをご紹介したいと思います。

思っていた以上の仕上がりにならなかった。
左右差が生じてしまった
。などのトラブルがございます。

これは、瞼板と挙筋の固定をする位置のズレや切開幅の問題です。

ひどい方の場合にはギョロ目になってしまうことがあります。
そうしますと誰がどう見ても不自然な感じになってしまいます。

また、切開幅は医師の技術的な問題になってしまいます。
左右差を少しでもなくすためには、状況を判断することが大切です。

名医をご選択になさる必要があります。

眼瞼下垂の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |